たわごと 一覧

結婚する理由も離婚する理由も・・・

時折、思い出す。

「お前、知ってるか?結婚する理由も、離婚する理由も同じなんだぞ。」

餞(はなむけ)の言葉だったのだと思う。

退職の挨拶で、局内を回っていた時のことだった。
結婚で地元を離れることになった私は、本当にお世話になった放送局の人達が大好きだった。
一緒に仕事をしたことのない人達にも、可愛がってもらっていたことを思い出す。

そんなフリーのプロデューサーM氏の一言を反芻するようになったのは、
いつ頃からだったろう。

 

「アナタと私は、こんなに違う。だから最高に合うのね。」という結婚当初。

「アナタと私は、こんなに違う。だから一緒に居ることが出来ない。」という離婚時の言葉。

 

「なぁ、同じだろ?だからな、価値観の違いとか色々言うけど、一緒に暮らしてみないと分からないことだらけなんだよ。」

あくまでM氏の経験談だと思っていたのに。

 

あれから12年以上が過ぎた。

ベクトルが逆を向いているんじゃないかと思うような夫の言動を思う。

価値観が違うからこその結婚。
他人と共に生活すること。家族になること。
我が子でさえも、別の人格を持って生まれて来る。

そこに両親からの別々の価値観に触れながら育つのだ。

教養・知識・経験・・・

母として、人生の先輩として。
伝えてたいことが沢山あることに改めて気付くのだ。

 

10407904_881251161897882_5387257052498174924_n

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格


発信することの意義

サークルのHPでは、専門家ママによるコラム記事を掲載している。

・海外で暮らすママのリアルな感情・現地と日本の違いに戸惑う姿をありのまま書いてくれていたり。

・育児アドバイザーのママは、実体験や経験を踏まえた親子の関わり方について。

・不妊治療を経験したママは、その実情を経験したまま伝えたいと執筆してくれている。

・温泉ソムリエのママは、赤ちゃん連れでも行ける温泉や効能について優しく教えてくれる。

・今度お願いしたいママは、薬剤師目線からの薬との付き合い方について。

 

みんな自分のキャリアや経験を踏まえて、ママになって気付いたり発見したことを多くの人に知って欲しいと願って書いてくれている。

デリケートな内容もかなりある。表現や伝え方に悩んだり、考えたりして
とても言葉を慎重に選びながら。

 

コラム執筆者の記事を最終的に確認するのは、私の役割。

執筆者の個性を残しながら、校正を入れる。
伝えたいことを、伝えやすくするために。

 

そして、私はタワゴトと称して日々、思い・感じる事をつらつらと綴る。

発信することは、その記事や言動に責任を持つ事。
その覚悟を持ちながら、今日も。

その根底には、誰もが住みやすい社会になって欲しいから。
誰かを攻撃したいのではない。

その現実があるという事実を伝えるだけのもの。
表現の自由をはき違えることなく。

真摯に受け止めながら、自分というフィルターを通じて表現することも義務になるのではないか。
そんな気がしてならないから。

 

10407904_881251161897882_5387257052498174924_n

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格

 


クルクルと表情を変える心の天気模様

時折、ものすごく疲れることがある。

抜けない疲れがたまると、ハラハラと涙が流れる。
泣く事で、バランスが取れると知ったのはいつの頃からだっただろう。
自分にストレスが掛かっている事すら気付かない。

愉しいことにまぎれて、心の負荷を見ない。見えない。

時々、心が砕けることもある。
時々、嬉々として我を忘れる。
時々、切なくて苦しくなる。
時々、幸福感に時が止まる。

「自分を殺さないで生きていきたい。」
中学生の頃、交換日記に書いた。

そう言えば今の子は、交換日記なんてするのだろうか。
自分の気持ちを、自分の字で紙に書き落とすなんて素晴らしい自己対話。

自分とコミュニケーションを取る最高の手段。

 

 

最近は、涙を流すタイミングすら分からない。
決壊する前に、対処出来ないものか。

枯渇している。
乾いている。
何かが足りない。
焦燥感。

バランスを保ちながら日々を重ねる。

 

それは、ある意味で大人で、ある意味の惰性。
いろいろと抱えながら生きている。
抱えているもののバランスが崩れる前に。

捨てるものは捨てないと。
持ちきれないからね。

余計なものを持ちすぎない。
涙と一緒に流せたら、スッとするのに。
10407904_881251161897882_5387257052498174924_n

 

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格

 

 

 

 


*エッセイ*活字との出逢い

そもそも、私が読書家になったのは実兄の影響だった。

20年前、
父親がうっかり購入した(バブル期の余韻)百合ケ丘のマンションに、
兄と入れ替わりで住むことになった大学1年の春。気ままな一人暮らし。

家具が全て残った状態で引き継ぐことになり、インテリアは兄仕様。
ロフト付きの1LDKの部屋の壁棚には、ぎっしりと詰まった本の数々。

それを全部読んだ。
200冊くらいだったと思う。

目的が持てないと、無為に過ごしがちな学生時代。
読書の習慣が身についた私は、言葉やコミュニケーションに興味を抱く。

「人が好きだから。」と、理由にするには不十分な志望動機を掲げながらも、全国行脚してアナウンサー受験をした。

拾われるようにして喋りの仕事に就いた私に、スタジオの中で・現場で・プレビューをしながら・・あらゆるシーンで言葉のプロ(アナウンサー陣)や、番組・イベント作りのプロが指導をしてくれた。
伝え手である存在意義を、何も考えていない(そこに考えが及ばない程、あんぽんたんな状態)当時の私に、本当に根気よく教えてくれたのだ。

アナウンサーのボキャブラリーは小説家には敵わないが、本を沢山読みなさい。
活字を読み、アナタの身体(目・感性)というフィルターを通して、アナタの声で伝えなさい。

見たこと・感じたことを、体験していない人に言葉でイメージ出来るように伝えなさい、と。そして、誰もが分かる言葉を選ぶこと。

聞き手が理解して、初めて「伝わる」のだから。

得手不得手はあるけれど、スマートに話すことより、
何を伝えたいかという情熱がある人の言葉に人は心を動かされる。

「言霊」とは、そういうこと。

言葉の遣い方で、その人が分かる。
句読点の打ち方で、その人のリズムが分かる。

 

マッサージや食事で身体を整えるように、言葉でその人のココロと身体を整える。
私は、その人の身体に触れないけれど、ココロに触れてエネルギーを整える。

そういうことを、業(なりわい)としている。
そして、これを天職だと信じて疑わない能天気な幸せ者である。

 

どんなにITが発展したとしても、紙媒体で活字を読むことは決してなくならない。
それが、脳に及ぼす効果は計り知れないものだから。

 

いつも傍らに、本を携えて。

 

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議 区民委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格

 

10407904_881251161897882_5387257052498174924_n

 

 

 


1 29 30 31 32