育児 一覧

在宅ワークの行方

母になった時、仕事の仕方を考えた。
一時期は社会とのつながりを断ち切られたような不安に苛まれて。
子育てだけをしていることに焦りを募らせたのが10年以上前の話。

もがきながら女性起業塾やコンサルティング、心理カウンセリングなどを学び続けた。
そこから今がある。

子ども達が成長してきて。
自分の時間が持てるようになってきたことと。
会話の広がりが楽しくて。

そんなことを感じながら。
新しい日常が私たちの生活に組み込まれていく。

オンラインでの司会をするようになり。
毎日、PCの前で仕事をする。

自宅に母親がいるのに。
自分の方を向いてもらえないというのは、きっと寂しいことだろう。
何年か前に、スマホばかり見ている親。ということが指摘されていたけれど。
SNSでばかり繋がっていることが問題視されたような気がするけれど。

それ以上に。
仕事とプライベートの時間の境目が曖昧になりがちだ。
今は、どういう仕事をしているのか。とか。
PCの画面の先に誰が存在しているのかということを。
私はなるべく見せながら。
その先にいる人と会話をしていることを伝える。

何時〜何時まではお仕事だからね。と。
時間を区切る。
子どもも同じで。
何時から宿題をするとか、何時までゲームをするとか。
そういう約束を自分とするようにすることで。

お互いの時間を尊重しながら。
寂しい想いをさせることのないように意識を向ける。

フラグを立てながら。
今はお仕事でーす。という風に工夫をしてもいいかも知れない。
そんな風に。

在宅ワークをするということを楽しめたらいいのに。
それこそ、移動時間がなくなったことは大歓迎で。
運動不足になりそうだったら、子ども達と一緒に歩けばいいし、ストレッチすればいい。

そういう工夫を。
考える努力を。
笑い声のある生活をしたくて。

心にゆとりを。
そういう気持ちになれるように。
今日も私は時間を使うのだった。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


「ママはいいってことだよ」の話

小六の息子は、良く喋る。本人も喋るのが好きだと自覚している。
まぁ、私に似てるのだけれど。

息子:「ねぇ、ママ。
子どもをダメにする7ヶ条って知ってる?」と寝る前に話をしてくれた。

私:「あら、なぁに?」

息子:「順番は忘れちゃったけど。

1、他の人と比べること。
2、やりたい!ということを「まだ子どもだからダメ」ということ。
3、あなたは勉強ができない。っていうこと。
4、はやくしろ。と急かすこと。
5、・・

私が忘れてしまいましたが・・・笑
とにかく、いきなりそんな話をして、それぞれ事例を説明しながら教えてくれました。
(多分、私が知らないと思って丁寧に解説までしてくれたのだけれど)

息子:「そんな風に言われたら、嫌に決まってるよな。ママとは違うけどね。」
「YouTubeで見たんだけど。ただの持論を言ってる人じゃなくて。
ちゃんとした知識で登録者数が20万人くらいいる人の話だから本当だよ。」

そう言って。
私の持論を聞かないで。笑
自分の言いたいことだけ言って、眠ってしまいました。

 

だからママが大好き。なんて一言も言わないけど。(当たり前か)
まぁ、よかったってことで。
(ママに教えてあげようと思って、覚えておいた。とのこと)

そんな日常の一コマ。
今日から新学期始まります。(2週間の夏休みでも、長く感じるのが母でした)

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


こんな親に育てられてるんだから。

「ママ塾」なるものを開始して1ヶ月が過ぎた。

娘が高校受験を控えている中で、
真剣になっている様子がなかったので。

勉強はどうなの?という声かけだけでは限界を感じ。
目的意識を形成させるために始めた。

マンダラ(原田メソッド)を使って。
週1回(1時間〜90分)進捗を確認する。
娘が私の部屋のデスクに椅子を持ってきて。
L字型に座って個人面談の如く。

今週はどうだったかと振り返りながら。
塾でのこと、学校でのこと、友人のことなど。
屈託なく話す姿に。

誤魔化すことなく、まずは素直に話すので。
現状を把握するには、とてもやりやすい。

伸び代が沢山あることを確認しながら。
良い成績も、悪い成績も報告する。

後ろめたさがないので。
「ねぇ、自分のこと好き?」と尋ねた。
「え、今更何言ってるの?こんな親に育てられてるんだから、そうに決まってるじゃん。」

そうか。よしよし。
その調子で自分の人生を歩んでいってくれ。と。

娘:「ねぇ、反抗期ってどうしてあるの?」と言うので。
私:「ホルモンの影響らしいよ。
あとはママが思うに、親の生き様に矛盾を感じることへの反発かしらねー。」
娘:「なら私は、このまま反抗期はないかもね。」
私:「そうね、それでいいわ。自分の気持ちも伝えられるしね。思春期は全開だけどね。笑」

そんな風にしながら。
自由なママを受け止めてもらっている、と思っている。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


「ブス」という言葉の破壊力について

小五の息子が気になる発言をしたので。

記録しておこうと思います。

 

YouTubeで世の中を斜めから見ることがとても楽しそうなのは、まぁいいとして。

それを実践で使って、相手がどういう気持ちになるのかを教えるのは、親の役割なのでしょう。

 

「うるせぇー。ババァ!」的なことは言われていましたが、

本気度から言うと、さほどでもないふざけたニュアンス。

と、言っても、いかがなものかと釘を差しながら咎めていました。

 

そのうち、気が済むという感じでしたが。

 

新しい言葉には、厳重注意をしました。

それは。

 

「このブス!」というセリフ。

 

えっと。

息子くん。

そのね、ブスってね。

やめなさいね。

 

それをね、言われた女性への心の破壊力ってね。

あなたが想像出来ないくらいのものなのよ。

相手にダメージを与えたいのだろうけれど。

絶縁する覚悟で言いなさいと。

 

 

そして、誰かに言っている様子を、第三者が見たとしても。

あなたから人は離れていくでしょう。と話しました。

 

それくらい言ってはならない言葉だと思うのです。

 

美しくないとか、不美人とか、器量が良くないとか。

そういう表現は、まだ受け入れられますが。

 

「ブス」の一言は恐ろしいのです。

例えるなら、

人格を否定されるようなものでしょうか。

それを言われてしまったら、言葉を発した人へ心を開くことはできないでしょう。

 

たとえ、それが自分に向けられた言葉でなくとも。

発した人の品位や人格さえ疑ってしまうものなのですから。

 

そんなことを伝えながら。

 

されたくないことは、しない大人になってくれたらと願うのでした。

 

 

新しいロゴができて嬉しいワタクシ。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/

 

 

 


コロナと海外出張のジレンマ

この何とも言えない閉塞感と。
新型コロナウィルスの影響に。

いろいろなことがありすぎて。
思いを文章に落とすこともできないまま過ぎていきました。

政府からの突然の休校宣言に。
翌週から海外出張(マレーシア)を控えていた私にとって。
ものすごく悩み、子ども達とも話し合い。
取引先の担当者の方にも相談して。

「行ってくればいいじゃん。ママ、あんなに楽しみにしていたでしょう。
私達は、大丈夫だから。今更何言ってるの?」という娘の言葉に。

子ども達の成長を感じながら。
そして、子ども達に甘えながら。

「洗濯機の使い方教えて。」と。
実際にやったかどうかは別として。
そういうことで、コミュニケーションを取ることで。

葛藤をしたけれど。
決めたからには、いい仕事をしてくるからね。と心の中でつぶやいた。

考え方や感じ方は、その人によって違うことは事実で。
それをどうやって意識統一していくのかとか。

ママのコミュニティの代表をしているけれど。
そこをケアできていないこととか。
葛藤とジレンマ。

その中で。
どうしていることがいいのだろうかと。
我が家流の過ごし方を模索しながら。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


1 2 3 4 15