育児 一覧

自立のタイミングは高校からでした〜娘の場合〜

本日(2/27)の午後。
速達で朗報が届いた。

「スカラーシップ合格」の高校受験結果の通知。
既に、推薦で合格通知をもらっていたけれど、やはり嬉しい。

中学に入ってから、高校は寮のある学校に行きたい。と言っていた。
そこから、国内留学を調べたり、大学進学を見据えての学校選びが
母子ともに始まって。

だいたい私は、高校も大学もそこまで興味がなくて。
どこでもいいと思っていた節があり。
とは言っても、我が子の将来を考えたり、応援することは得難い経験だったように思う。

娘の中学受験の時を思い出す。
第一希望ではなかったことと、受験に対する意識が低かったため。
その後の進路を考えた時に。
公立の中学から、私立の高校への進学となった。

それからママ塾をしたり(ママが先生になって、英語を教えたり、将来のビジョンを描くことをしたりするのを毎週土曜日に開催。2ヶ月くらいしか続かなかったけど)、
塾を一緒に探しながら。
娘に合う居場所が見つかって。

目立つ反抗期もなく。
思春期はあった気がするけれど。
あっという間に、月日は流れていったように思う。
(私が気にしてないということもあるが)

15歳で家を出る。
高校生で寮に入る。
自分の叶えたい夢は、京都に住むことらしい。
そこから逆算して、ずっと東京にいることよりも。
ママと一緒に暮らしているよりも。
伸び伸びと、自分の可能性を信じたいと言っていた。

意思が固く。
家を出ていくために。
勉強をしていたように思う。
スポーツ推薦でもなく、特筆することがないけれど。

とにかく、自立したいという願いを叶えるために。
娘はスイッチが入って。
勉強するようになった。

一緒に面接の練習をしたり。
受け答えの指導をする時間は。

母親の私にとっては、とても楽しく。
私の持っているスキルを、惜しみなく注ぐ時間だった。

親が煙たいくらいがちょうどいいのだろう。
そう都合よく考えて。

娘の自立を応援して。
まだまだ教えていないことはあるけれど。
これからの周りの大人や関わる人たちから学ぶことだろう。

そうして。
いつでも戻れる場所として。
私はここにいるのだから。

おめでとう。
これは、あなたの努力した結果ですね。
この成功体験が、これからの人生の支えになるように。

私も母親として。
また一つ、経験を積ませてもらいましたよ。
あなたの母になれてよかったと。
多分、未来を見る娘には想像できないだろう。

10代だった自分を思い出す。
私がそのような感情を持ち合わせることに驚くでしょう。
複雑であるけれど。
淋しく感じることもあるけれど。

そう育てたよね。と。
私も次のステージに移る時らしい。

息子の中学生活と。
北海道に行く娘の高校生活を。

人生の華を何度でも咲かせて。
これからも謳歌する姿を見せていけたらと思うのだ。

前田カオリコ
魅話力®️アナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

【動画講座】
私らしく叶える自由で笑顔あるLifeStyle〜ブルマムアカデミー〜
http://licolabo.life/bma

 


息子:12歳の誕生日を迎えて

小学校6年生。1月生まれだけれど、体格はしっかりしていて。
態度もなかなか大きく、自分に自信もあるようで。

世間の矛盾を感じながら生きているように見えるけれど。
それはそれでいいのだと、彼の斜めから見る視点が好きだったりする。

この数ヶ月。
ぐっと成長したというか。
反抗期に突入したのが、わかる。
「俺、これから母って呼ぶから。」と宣言され。
「どうぞー。」と答えたのが1ヶ月程前だろうか。

以前も、
「これから一人で寝るから。」と伝えられたり。
そうですね。と子離れしていくのだと思う。

ママは子離れできないと思われているけれど(特に娘からは)、
そんなこともないのよ。と敢えて言わないようにしている。

いいじゃない。自分でそう決めたのなら。
ただ、生きていく上のヒントは見せていけたら。

毎年、手作りのケーキをデコレーションしていた時期もあったけれど。
どうやら、もうそう言うことには興味がないらしく。

ショートケーキを購入して。(好きなケーキ)
ちなみに、我が家はそれぞれ好みのケーキが違うので。
誕生日の人が好きな種類をリクエストできる制度になっている。

12歳。
男の子から男子となり、男性に成長していく姿を。
見守る過程は、とても楽しい。

娘の自立が、想像よりも早くなりそうなので。
親として、
近くで見守れる日はどんどん減っていくことを自覚して。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


15歳になった娘の成長記録

12月生まれの娘が、15歳の誕生日を迎えた。
いよいよ受験日までカウントダウン。
願書を取り寄せて、将来のことを語る姿に。

どうしても寮生活がしたいという希望を。
叶えるべく、日々勉強をしている。

中学受験の時とは違う顔つきに。
娘のタイミングが今なのだろう。

北海道にある高校に進学を希望し。
縁もゆかりもない地で学ぼうとする姿。

「ねー、ママ。お母さんとうまくいってないの?とか、
それともお父さんと?」とか。
高校生で自立を希望することが、まだまだ珍しいようで。

そうね。
誤解のないように、愛情をたくさん注いで育ててもらいましたが、
高校からは自立して都会以外の場所で生活してみたいって話したら?

そんな会話をしながら。
高校の先の進路を話したりして。
これからの未来を。

好きなように生きて欲しいと願う。
あ、ママはそんなに遊びに来なくていいからね。と釘を刺されて。
はいはい。とこっそり行くことにして。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

ブルマムアカデミー (動画講座)〜ママだからこそ花開く人生の法則〜
http://licolabo.life/bma

 


15歳を迎えた娘を眺めながら。

多分。
ちょうど良い距離感にいるような気がする。
娘は私からの愛情を十二分に感じて育った。(と思っている親バカですが)

コロコロと笑いながら。
真剣に勉強する姿を見ながら。
中三の二学期のテストは。
本当に頑張っていたと思う。

少し早い誕生日ディナーの帰り道。
志望校を決めた娘との会話で。

今は、まだまだ全然勉強の仕方がわかっていないけど。
高校に入ってからも、もっと勉強を続けて、京都にある大学に行きたいから。
だから今も受験も頑張る。

そんなようなことを自分から教えてくれた。
それを聞いただけで。
わたしは感激して抱きしめたくなるけれど。
そこをぐっと我慢して。

そうだね。
自分の将来の選択肢を広げられるといいね。と。
母として応援することを全うしよう。

高校では、寮生活をしたいという選択をしている。
もう十分だと。
私は自立したい。ということをしきりに言う。

自分でできるようになりたいと。

そんな話をしながら。

「♪じゅうごー(十五)でねえやーぁは、嫁にーゆーきー」と朝食の食卓で歌うと。
「なに、その昭和感満載のやつ。」

「いいのよ。昔はね、15歳って言えば元服だしね。自立していいのよ。そういうことよ。」
と、てきとー感満載で話す私。

親元から離れたいと願うのは至極当然のことのように受け止めるけれど。
どうやら周りの方々に心配されているらしい。

「お母さんとうまく行ってないの?それとも、お父さん?」って聞かれるんだよね。
と、笑ながら話す娘に。
まぁそう思われることもあるだろうねー。むしろその反応の方が多いかもねー。

ちょっとママのエネルギーが強すぎたのよ。と言うけれど。
その気持ちもよくわかるわ。
親なんて煙たいものだもの。

自分の力で行くとなるならば。
母として全力で応援するからね。

あなたはあなたの人生を謳歌して。
そう願う母でした。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


悔し泣きの姿に。

母親としてできることは何だろうかと。
そっと背中をさすって。
黙ってしばらくベッドに横たわり、涙を流す息子を見守った。

この日。
帰宅するなり、マスクが壊れた。と言って私に乱暴に投げつけて。
そのままベッドに横たわり、泣き始めた。

悔し涙だろうかと。
私は想像する。
何があったのか分からない。
でも、確実に彼は傷ついて泣いている。

そっと触って。
そっと頭を撫でて。
しばらくそうやって。

どうしたの?と声をかけたら。
あっちへ行って。という仕草に。

一人にする時間を作った。

理由が分からないので。
とりあえず学校に電話して、担任の先生に相談する。

どうやら見ていなかったということで。
追求しなくていいので、ご報告まで。と私。

体育の時間に何かあったのかも。とか。
いろいろと想像するけれど。

生きていたらイヤな思いもするよね。
それをどう乗り越えていくかだなぁと。

私は余計なことを言いすぎず。
過保護になりすぎずに。
そっと彼が成長する姿を見守りながら。
いつも味方でいることしか出来ないのだ。

涙する姿に。
シンクロするように。
涙が流れる。

そうか、辛かったのね。と。
でも言わないでおいて。
今回は、そっと寄り添うことを選んだ。

泣いていいから。
泣ける感性だということを。

きっと学校では泣くのを我慢したんだろうと思う。
そんなことを思いながら。

いつもと同じように。
ご飯を食べて。
本人が話してくれたら、そのまま聞いてあげよう。
話してくれなくても、そのままにして。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


1 2 3 4 16