つづまるところ、私はただのひとたらし

仕事は人を成長させる。
またその逆もしかり。

それでも。
人と関わることで、自分を知る。
相手のことを理解する努力をする。
人は感情の生き物なのだから。
そして、私はそこが好きなのだ。

どんなに腸(はらわた)が煮えくり返る経験をしても。
怒りが心頭に発したとしても。
コミュニケーションが解決すると信じている。
相手を全否定することができない私は。

なぜ、そういう行動や発言になる経緯を想像する。
そして本人と話をする。
憶測だけでは難しく。
私に出来ることは話すことしかない。

とは言え。
いつも剥き出しの私の心は。
さまざまな出来事に耐え得る程に強靭ではなく。
直にダメージを受けるので。
まぁまぁ大変である。

在宅で仕事をするようになり。
コロナ渦中でありながら、仕事の処理能力を問われるほどに山積みになっている中で。
オンラインで会話をしている時に、不意に涙を流した私に。
そっと隣の部屋からハンカチを渡す中3の娘。

別の日も、オンラインで会話をしていて、
同じ部屋でゲームをする息子(小6)が気にかける。

働く母の姿と、日常の母の姿を。
この子たちはどう見ているのだろうか。

人に助けられて。
支えられて。
私も支えられる人でありたいと願い。
今日も自分と相手と向き合いながら。

次々と起こりくる出来事の波を。
決して上手に乗りこなすことは出来ていないけれど。
私なりの泳ぎ方で、時々溺れそうになりながらも。
助けてくれる人たちの手の温もりに息を吹き返す。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


手放す覚悟とか。そういうものとか。

久しぶりに。
かなり短めのショートボブにした。
前下がりのラインはもともと好きだったけれど。
顎よりも上で揃えたのは5年ぶりくらいだろうか。

いつもと違う美容室に行ったのは1ヶ月半前のこと。
剃刀のような刃でザクザクと私の髪を切り落とす。
その感触が好きで、再び同じ人に担当をしてもらった。

彼女は私の髪をとても褒めてくれて。
仕事ではない部分でリラックスしてカットを委ねた。
仕上がった髪型は私の予定よりもずっと短くて。
ちゃんと伝えていなかったことを思い出した。

似合ってないのかも。
と不安になるも。
ずっと褒めてくれて。
あぁ、そう言われることが何よりも安心につながるんだなと思いながら。
新しい髪型を楽しむ。

帰宅してから。
久しぶりに自宅で一人ファッションショー。
シャープになりすぎないようにと。
新しい自分と向き合った。

そういえば、自粛ばかりしていて。
新しい服を楽しむことも少なくなっていて。
そうだそうだと自分を取り戻す。

髪には念が宿りやすいので。
常にメンテナンスしておきたいと思っている。
長くても短くても。
艶があることが大切で。

実質的には死んでいる細胞を。
愛でてくれる人がいなければ。
美しく保つことは難しい。

そう感じたのには理由があって。
3日前に突然、髪がバサバサになった。
多分、息子が骨折したことで。
髪への潤いが一瞬にして失われたのかも知れない。

親になり。
私は案外と弱いのだと知った。
そして強くしてもらっているように思う。
しなやかに、したたかに、私らしく。

今を生かしてもらえていることに感謝して。

 


(美容室にて撮影していただきました)

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


悔し泣きの姿に。

母親としてできることは何だろうかと。
そっと背中をさすって。
黙ってしばらくベッドに横たわり、涙を流す息子を見守った。

この日。
帰宅するなり、マスクが壊れた。と言って私に乱暴に投げつけて。
そのままベッドに横たわり、泣き始めた。

悔し涙だろうかと。
私は想像する。
何があったのか分からない。
でも、確実に彼は傷ついて泣いている。

そっと触って。
そっと頭を撫でて。
しばらくそうやって。

どうしたの?と声をかけたら。
あっちへ行って。という仕草に。

一人にする時間を作った。

理由が分からないので。
とりあえず学校に電話して、担任の先生に相談する。

どうやら見ていなかったということで。
追求しなくていいので、ご報告まで。と私。

体育の時間に何かあったのかも。とか。
いろいろと想像するけれど。

生きていたらイヤな思いもするよね。
それをどう乗り越えていくかだなぁと。

私は余計なことを言いすぎず。
過保護になりすぎずに。
そっと彼が成長する姿を見守りながら。
いつも味方でいることしか出来ないのだ。

涙する姿に。
シンクロするように。
涙が流れる。

そうか、辛かったのね。と。
でも言わないでおいて。
今回は、そっと寄り添うことを選んだ。

泣いていいから。
泣ける感性だということを。

きっと学校では泣くのを我慢したんだろうと思う。
そんなことを思いながら。

いつもと同じように。
ご飯を食べて。
本人が話してくれたら、そのまま聞いてあげよう。
話してくれなくても、そのままにして。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


在宅ワークの行方

母になった時、仕事の仕方を考えた。
一時期は社会とのつながりを断ち切られたような不安に苛まれて。
子育てだけをしていることに焦りを募らせたのが10年以上前の話。

もがきながら女性起業塾やコンサルティング、心理カウンセリングなどを学び続けた。
そこから今がある。

子ども達が成長してきて。
自分の時間が持てるようになってきたことと。
会話の広がりが楽しくて。

そんなことを感じながら。
新しい日常が私たちの生活に組み込まれていく。

オンラインでの司会をするようになり。
毎日、PCの前で仕事をする。

自宅に母親がいるのに。
自分の方を向いてもらえないというのは、きっと寂しいことだろう。
何年か前に、スマホばかり見ている親。ということが指摘されていたけれど。
SNSでばかり繋がっていることが問題視されたような気がするけれど。

それ以上に。
仕事とプライベートの時間の境目が曖昧になりがちだ。
今は、どういう仕事をしているのか。とか。
PCの画面の先に誰が存在しているのかということを。
私はなるべく見せながら。
その先にいる人と会話をしていることを伝える。

何時〜何時まではお仕事だからね。と。
時間を区切る。
子どもも同じで。
何時から宿題をするとか、何時までゲームをするとか。
そういう約束を自分とするようにすることで。

お互いの時間を尊重しながら。
寂しい想いをさせることのないように意識を向ける。

フラグを立てながら。
今はお仕事でーす。という風に工夫をしてもいいかも知れない。
そんな風に。

在宅ワークをするということを楽しめたらいいのに。
それこそ、移動時間がなくなったことは大歓迎で。
運動不足になりそうだったら、子ども達と一緒に歩けばいいし、ストレッチすればいい。

そういう工夫を。
考える努力を。
笑い声のある生活をしたくて。

心にゆとりを。
そういう気持ちになれるように。
今日も私は時間を使うのだった。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


「ママはいいってことだよ」の話

小六の息子は、良く喋る。本人も喋るのが好きだと自覚している。
まぁ、私に似てるのだけれど。

息子:「ねぇ、ママ。
子どもをダメにする7ヶ条って知ってる?」と寝る前に話をしてくれた。

私:「あら、なぁに?」

息子:「順番は忘れちゃったけど。

1、他の人と比べること。
2、やりたい!ということを「まだ子どもだからダメ」ということ。
3、あなたは勉強ができない。っていうこと。
4、はやくしろ。と急かすこと。
5、・・

私が忘れてしまいましたが・・・笑
とにかく、いきなりそんな話をして、それぞれ事例を説明しながら教えてくれました。
(多分、私が知らないと思って丁寧に解説までしてくれたのだけれど)

息子:「そんな風に言われたら、嫌に決まってるよな。ママとは違うけどね。」
「YouTubeで見たんだけど。ただの持論を言ってる人じゃなくて。
ちゃんとした知識で登録者数が20万人くらいいる人の話だから本当だよ。」

そう言って。
私の持論を聞かないで。笑
自分の言いたいことだけ言って、眠ってしまいました。

 

だからママが大好き。なんて一言も言わないけど。(当たり前か)
まぁ、よかったってことで。
(ママに教えてあげようと思って、覚えておいた。とのこと)

そんな日常の一コマ。
今日から新学期始まります。(2週間の夏休みでも、長く感じるのが母でした)

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


1 2 3 4 40