たわごと 一覧

「ブス」という言葉の破壊力について

小五の息子が気になる発言をしたので。

記録しておこうと思います。

 

YouTubeで世の中を斜めから見ることがとても楽しそうなのは、まぁいいとして。

それを実践で使って、相手がどういう気持ちになるのかを教えるのは、親の役割なのでしょう。

 

「うるせぇー。ババァ!」的なことは言われていましたが、

本気度から言うと、さほどでもないふざけたニュアンス。

と、言っても、いかがなものかと釘を差しながら咎めていました。

 

そのうち、気が済むという感じでしたが。

 

新しい言葉には、厳重注意をしました。

それは。

 

「このブス!」というセリフ。

 

えっと。

息子くん。

そのね、ブスってね。

やめなさいね。

 

それをね、言われた女性への心の破壊力ってね。

あなたが想像出来ないくらいのものなのよ。

相手にダメージを与えたいのだろうけれど。

絶縁する覚悟で言いなさいと。

 

 

そして、誰かに言っている様子を、第三者が見たとしても。

あなたから人は離れていくでしょう。と話しました。

 

それくらい言ってはならない言葉だと思うのです。

 

美しくないとか、不美人とか、器量が良くないとか。

そういう表現は、まだ受け入れられますが。

 

「ブス」の一言は恐ろしいのです。

例えるなら、

人格を否定されるようなものでしょうか。

それを言われてしまったら、言葉を発した人へ心を開くことはできないでしょう。

 

たとえ、それが自分に向けられた言葉でなくとも。

発した人の品位や人格さえ疑ってしまうものなのですから。

 

そんなことを伝えながら。

 

されたくないことは、しない大人になってくれたらと願うのでした。

 

 

新しいロゴができて嬉しいワタクシ。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/

 

 

 


コロナと海外出張のジレンマ

この何とも言えない閉塞感と。
新型コロナウィルスの影響に。

いろいろなことがありすぎて。
思いを文章に落とすこともできないまま過ぎていきました。

政府からの突然の休校宣言に。
翌週から海外出張(マレーシア)を控えていた私にとって。
ものすごく悩み、子ども達とも話し合い。
取引先の担当者の方にも相談して。

「行ってくればいいじゃん。ママ、あんなに楽しみにしていたでしょう。
私達は、大丈夫だから。今更何言ってるの?」という娘の言葉に。

子ども達の成長を感じながら。
そして、子ども達に甘えながら。

「洗濯機の使い方教えて。」と。
実際にやったかどうかは別として。
そういうことで、コミュニケーションを取ることで。

葛藤をしたけれど。
決めたからには、いい仕事をしてくるからね。と心の中でつぶやいた。

考え方や感じ方は、その人によって違うことは事実で。
それをどうやって意識統一していくのかとか。

ママのコミュニティの代表をしているけれど。
そこをケアできていないこととか。
葛藤とジレンマ。

その中で。
どうしていることがいいのだろうかと。
我が家流の過ごし方を模索しながら。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


父のシニア留学

父が癌の治療でメキシコへ行き。
そのまま治ったらしいので、3ヶ月アメリカに滞在している。

大腸がん→肺がん(右半分切除)→再発(肺がん)でステージ4だった。
そんな父は、71歳。

シニアライフを満喫している姿を、父のブログから垣間見て。
自分の子は3人とも留学させて。
普通でいることは愚かなことだ。と言いながら育ててくれて。

自由奔放さに、覚悟を持った生き様を見せてくれているのだけれど。
後悔のないように生きる全力疾走な姿は。
真似できないほどのエネルギーをいつも感じる。

基準が父だったので、
私はいつも普通で、エネルギーが足りず、つまらないと思い込んでいた。

誰かと比較して卑屈になりすぎることもなく。
他の家庭がどんなかだなんて、想像すらしなかった。

だから、よくわかるのだけれど。
子どもにとって、家庭環境というものが影響することの大きさに。

大人になって、多くの学ぶ機会があるけれど。
多くの場合、家庭教育で教えられたことばかりで。
あれ、それって常識じゃなかったのね。と大人になってから知ることになる。

そうして、自分がマイノリティーのようでいて。
それはそれで、心地よく。
もっと多くの人が既成概念や一般常識にばかり縛られずにいられたらいいのに。と思うのだけれど。

いつも変わってるね。と言われていたけれど。
ちっともそんな自覚はなくて。
むしろ、周りの方が変わっているのだと思っていたし、多分 今もその節はある。

どう生きるか、どう生きていたいのか。
そんなことを、ふと思いながら。

きっと想像を絶する苦労・努力・圧力などの中で、
疾走して生きてきたからこそ。

今の姿を見ると、有終の美を飾るために。
生き抜ける感じが見える。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/


天赦日+一粒万倍日に便乗して

どうやら、この日は目標設定や言い切りをすると願いが叶うというので。
ひっそりと手帳に書いておきました。

目標達成とか、日の巡りだとか、エネルギーとか。
もちろん、神様とか運命とか。
いろいろありますが。

日々、皆様のおかげであるということには変わりなく。
支えてくださる人たちがいるから、私はいまここに居られると真剣に思っています。

いつも楽しく過ごしていますが。
最近はより仕事もプライベートも楽しく。
子ども達の成長も著しく。
本当にいいなぁと思いながら。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net


面倒な母親らしい*中2の娘との会話編*

基本的にはよく喋る家族だと思う。

今日はこんな会話:
娘:「ねー、マエダのお母さんって面倒くさそうだよねー。って学校の友達に言われたんだよね。」
私:「あー、そうかもねー。ママは自分でも面倒だと思ってるからねー。」
娘:「そうでしょー。友達のママも面倒だっていうんだけど、ウチよりマシだよ。」
私:「え?どこが?」
娘:「だってさー、友達のママは、怒る時に怒鳴り散らして終わりだって言うんだけど、その方が楽だよねー。ママなんて、ねちねち30分でもいくらでも話するよねー。」
私:「そうよ。だって怒鳴ったら疲れるし。効果ないじゃない。」
娘:「ほんと、こっちとすれば早く終わって欲しいんだけどねー。」

そんなことを食事中でも、いつでも。
夢は最近、アナウンサーじゃなくてもいいかな。とのこと。
なんでもいいからやってみなされ。と。
ウエディングプランナーになりたいそうな。
いいわよ。なんだって。
夢中になれるくらいの好きなことを見つけられたら、それで幸せよ。

 


(前下がりボブにして喜ぶ娘。ストレートパーマにしてみました)

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net


1 2 3 4 5 6 32