ママ解放区 プロジェクト

「ママ解放区」プロジェクトとは・・

母親の「気持ち・時間・場所からの解放を目的としたプロジェクトです。

主に、児童館に馴染めない、孤育てに陥っている、不安を抱えている・・。
そんな乳幼児の母親に対し、気持ちを解消し、心の拠り所となるような交流の場・空間を提供・提案しています。

また、母親の気持ちを理解し、母親支援をするための 
「ママ解放区ファシリテーター養成講座」のサービスを開始します。
(2018年4月開講予定)

このプロジェクトは、
ブルーミング・マムが2013年に団体として発足した当初から定期的に開催する母親交流会で、子育ての現状を訴える声から生まれました。

・ママになると様々なことが制限されてしまう
・自分の時間がない
・常に睡眠不足
・先の見えない不安
・夫と会話する時間がない
・素直な気持ちを話せる大人が周りにいない

そんな母親を対象としたママ解放区(時間・場所・気持ちからの解放)の必要性から、
大都会・新宿で奮闘しながら育児をしている母親達がふっと安らげて元気になっているように、
同じように頑張っている母親に対して、この「ママ解放区」を、全国各地に普及させていくことを目指しています。

また、母親自身が母親を支援することには限界があり、
行政・企業・公共機関・お店・コミュニティ等での理解を得るためにファシリテーターとして、男女・既婚・未婚・子供の有無を問わず受講してもらえる講座を随時開催予定。
 
 

「ママ解放区」とは・・・

SNSやインターネットなどの繋がりではなく、実際に誰かと会い、触れ合うことでしか得られない開放感を体験する場。

ここで言う触れ合いとは、「気持ちの共感や理解を共有すること」を指しています。
また、母親が様々なしがらみ、常識、負担など精神的な負担を軽減する場。
 
 

「ママ解放区」ファシリテーター養成講座 とは・・

素敵なカフェなどで心も身体もふっと楽になれるような「ママ解放区」の主催者となるファシリテーターを養成する講座です。

ママを取り巻く環境・進行のノウハウ・講座開講の仕方・コミュニケーション学などをお伝えする講座になっています。

こちらは、ママでもパパでも企業研修の一貫としてもご受講いただけるプログラムです。

※開催希望の団体・企業様はお問い合わせください。

ファシリテーター養成講座詳細はこちらから  
 

ロゴの意味・・・

優しい印象の丸型に母親の揺れる気持ちを上下の色に分けて表現。
母をイメージした海・コミュニケーションのターコイズ色と、
明るい太陽・アイデンティティの黄色。
しかし、そのバランスを崩すと信号の赤に点滅してしまいそうな内面が潜んでいます。
書体は柔らかなMoms(母親)と、解放区の少し歪でも頑張っている姿を表しました。
Designed by 内山千夏
 
 

協賛・支援のお願い

このプロジェクトに共感し、子育てに励むパパ・ママを一緒に応援してくださる賛同企業様・団体様・個人様からの寄付や支援をお願いしています。

◼️本件のお問い合わせ
http://bloomingmom.jp/contact

◼️寄付・広告について
http://bloomingmom.jp/donete

コメントは受け付けていません。