kaoriko 一覧

関東学院大学での講義

先日(2019.11.11)牧瀬稔教授からの依頼で、地域協働論のゲスト講師として登壇をさせていただきました。

一コマ90分という時間をいただき。
ブルーミング・マムの代表理事 として、行政との取り組みなどを話して欲しいという依頼でした。

大学生向けに話す機会をいただけたことで。
とても嬉しく、未来ある若者に(そういうことを言う年齢になったということにも驚きですが)これからの人生で、いつか思い出してもらえたらいいなという気持ちでお話しをさせていただきました。

私のキャリア
地元での生活や留学・大学での経験
就職活動から、社会人になってからの経験
結婚を決めて上京し、赤ちゃんを授かってからのこと
産後ウツや、起業の経緯
子どもが小さかった頃からの活動
母親支援のプロジェクト
自分の魅話力コミュニケーションの話
行政とのつながり
未来へのビジョン

ざざっと。

柔軟性のある学生さんに。
僕はとても大切に育てられたことがわかりました。とか
母親が産後ウツだった経験が詳しくわかりました。
相手のことを理解していこうと思います。

など。

パートナーシップについても考えるきっかけになったことや。
母親の想いを伝えさせていただき。

将来のママ解放区プロジェクトがどのようになっているかなど。
私自身も話す機会をいただけたことで、より明確に、より強く思えた時間です。

みなさんからパワーをいただきながら。
これからも取り組みをしていけたらと思っています。

また機会があったら、学生さんのうちから。
このようなお話をさせてもらえたらいいなと実感しました。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


生育歴を聴くということ。

魅話力(みわりょく)コミュニケーションとして。
それぞれの課題を抱えた人が、私を訪れてくれる。

そうして、話をして。
その人の人生を聴く。

心を解かすには、一定の時間や信頼関係が必要で。
もしくは、その空気を纏っていなければ自分の話などしない。
私は果てしなく受け身のようでいて。
その人の見て来た事実を想像しながら、また私の脳裏で再現される。

幼児期や子どもの頃に経験したことは。
その後の人生に影響する。

だからこそ。
封印してもしきれないものだからこそ。
そこを紐解いて。
大人になった今。
もう一度、受け止める。
その時に理解できなかったこと。
その時に不可避だった出来事を。

信頼できる誰かに話すことによって。
丸ごと受け止めて。
寄り添って。
私は、寄り添っているのだろうか。
ただただ、聴くことしかできず。

その人が経験したことを、なぞる。
疑似体験をする。
とても苦しいことが多くて。
そのことをずっと抱えてきて生きてきたクライアントさんの気持ちが。
私に入ってくる。

その十字架は、本当に背負っていなければいけないものなのでしょうか?
そろそろ下ろしてもいいのではないか。

それでも。
決めるのは、私ではない。

それでも。
もう十分だから。
もう大丈夫だから。

そうして私は言葉にして。
辛かったね。
苦しかったね。

そう言いながら。
ボロボロと涙が落ちる。

それは偽善なのだろうか。
自己満足なのだろうか。

もしそうだとしても。
私は私の役割として。

これからも、私に話してくれる人たちと向き合い。
包み込み。癒すことができたらといいと思っている。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


自覚症状について

こういう感覚は、誰もが持ち合わせていると思っていたのだけれど。
大人になればなるほど。そうでもないということがわかってきた。

その人のエネルギーを感じる。
その人の持っている色が分かる。

どういう状態なのか。
話しながら受け止めて。
気持ちを軽くして。

大丈夫と伝えることに。

人相からの印象。
立ち居振る舞いからの生きてきた歴史。
言葉の使い方や息遣い。
間の取り方や、しぐさ。

どれもこれも。
その人を表している。

それは、観察することでより鮮明に浮かび上がる。
何を求めているのか。
どうしてここにいるのか。

セッションに来てくれる人たちは。
抱えた過去を持っている。
誰にも言えなかったことを。
私に話してくれる。

それを受け止めて。
涙する。

経済的に豊かであったとしても。
精神的な豊かさは比例しない。

それがわかるから。
私を必要とする人に。

緩められなかった感情を。
ここで解放して欲しいから。

今まで誰にも話したことがなかった。
そういう話を。
セッションの最初の日にしてくれる。

私に対するブロックを外してくれて。
私は全部受け止める。

無理やり話してもらうことは出来ないのだから。
私は、言葉にしてもらうまで事実は見えない。
だからこそ。
その人の言葉で。
言霊として。

腹の底にしまっていた感情を。
ヘドロのように奥底にへばりついていたそれらを。

言葉にして。
全部吐き切って。

どうか、身を軽くして。
体内に溜め続けた負の感情を。
どうか、出し切って。

一回では、何十年も蓄積してきた思いは全て吐き出せるはずもなく。
何度かのセッションでクリアになってゆく。

その変化を見届けるのが私の仕事。
それが仕事になるなんて。

まさか思わなかったけれど。
私にしか出来ない天命だとしたら。
それに甘んじてこれからも続けていくことだ。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


息子(小5)の話〜逆上がり編〜

昨夜のことだった。
家族4人で夜ご飯。その時に息子が言った。

息子:「明日、学校で逆上がりの発表があるんだ。」
私:「あら、いいじゃない。頑張ってね。」
息子:「どれもできないんだよ。」
夫:「ちゃんと練習してきたのか?」
息子:「みんながオレの順番を抜かすから、ちゃんと練習できなかったんだよ。」
私:「出来ても出来なくても、チャレンジしておいで。」

そういう息子は憮然として、夜ご飯を終えた。
その後、リビングで案の定駄々をこねている。

息子:「明日の学校行きたくない。」
私:「あのね、そういうことで何事からも逃げようっていう根性が良くないのよ。」

そんな会話から。
学校の先生が、状況を理解してくれていても、学校の友達の反応が気になるのだから。
繊細な息子は、目に涙をためて鉄棒のテストがいやだと訴える。

最近は、こういうことがなかったけれど。
私も息子への耐性は随分と出来ている。

このまま学校に無理やり行きなさい。と言ったところで。
翌朝はボイコットするだろう。(過去の経験から)

5時間目の体育のためだけに、学校を1日休むという選択は私にはない。
そこで譲歩してみる。

「じゃあさ、5時間目の前で早退しておいでよ。それまでは学校に居られるでしょう?」

それで納得したようで、
おずおずと連絡帳をママに渡して、目の前で書いているところを確認する。

「明日の5時間目の前に早退させてください。家庭の都合です。」
と一筆。
それを見て、安心したのか。歯を磨いてベッドに入る息子。
途中で起きて来て
「ママ、先生からどうして早退するのか聞かれても本当のことを言っちゃだめだよ。」と口止めして。
「うん。大丈夫よ。言わないから。」
そう安心して、眠りについた。

翌朝。
大雨。
天気予報を心配する息子。
「ねぇ、もしかしたらさ、雨で体育中止になるかもしれないから、連絡帳を見せるのは給食の時でもいいんじゃない?」とそそのかす私。
「そんなことしたら、もっと体育やりたくないのわかっちゃうじゃん。」
そもそも、早退する時点で怪しいだろうと母は思うぞ。とぐっと声に出すのを抑えて。

「大丈夫よ。連絡帳にはちゃんと書いてあるでしょう。」
そう言って。納得させる。

どうやら、まだ葛藤しているようだ。
みんなにからかわれるのは嫌だけれど、逃げるのもいやだ。
でも、わざわざ分かっているのに傷つけられたくない。

その気持ちの揺れに。
登校で家を出た直後に。

担任の先生に電話する私。
えぇ、言いますよ。報告しますよ。そんな母です私。
もちろん、彼のことを思って。

「あの、かくかくしかじか・・でして。」
と報告と、その時の状況を説明しながら、体育の様子を聞くと。

先生:「そうなんですか。鉄棒苦手なのがよく分かっていました。
他の子も何人かできなかったりするので発表はわざわざみんなの前でしなくてもいいように、と考えていたので、今日の朝、そのように伝えみようと思います。」という担任の先生の対応。

それでも、どうしても嫌だったら早退ですね。
その時は、お迎えをお願いします。

「!!」 お迎え・・など出来ぬ。今日は仕事で夕方までスケジュールが入っているのに。
しまった。油断した。

そう思いながら、昼時に先生からの電話を受ける。

「息子くん、連絡帳見せて来ませんよ。」
「実は、もう体育着に着替えてみんなと遊んでいます。」
「!!! そうなんですか?!」
「はい。やっぱりみんなの前で発表しないというのがよかったのか分かりませんが、もう連絡帳出すタイミングないと思うので、このまま様子を見ますね。」

そんな知らせを受けて。
帰宅した息子からの電話に、私もとぼけて対応する。

「あれ?学校最後までいたの?」
「うん。」
「鉄棒はどうだった?」
「全部、出来た。」
「すごいじゃーーーん!!よかったね。頑張ったね。」と褒めて。

あんなに嫌だったのに。
よく頑張りました。と。
逃げ道を用意することで、気持ちにも余裕ができたこと。
学校に行けたこと。彼の中でも葛藤があっただろうけれど。
これは一つの成功体験として。

彼は傷つくことを知っていて。
それを我慢できるメンタルを持ち合わせてない。
それは弱さであり、鍛えて欲しい部分だけれど。
学校自体が嫌いになってしまうよりも。
それでよかったと思っている。

こうであるべき。を取り払い。
どのように対応していけるかが課題だと思うから。
先生とのコミュニケーション。
子供とのコミュニケーション。
理解してくださることにも。
大切なことは何かを考えさせられる。

きっと息子はそういう意味でも。
私を試しているのかもしれない。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


孫と爺の関係

「ねぇ、ママ。今度の連休は、一人で長野に行っていていい?」
突然、夜ご飯を食べている時に切り出した娘(中2)。

「もっちろん、いいよ。」と快諾する私だけれど。

実家の母は、腰の骨を砕いて1ヶ月は入院予定で。
「爺(ジジ)しか居ないと思うけど、いいの?」と尋ねる。

「え。ジジがいるだけでいいじゃん。大丈夫だよ。」
「あら。そう。じゃあ、ジジに電話してみて。」
と、その場で、ジジに電話して約束を取り付ける娘に。

スマホのスピーカーをオンにして、話し始める。

「ねぇ、ジジー。今度長野に遊びに行っていい?私だけだけど。」
と平然と言う。
父も父で。
「おぉ、いいぞ。」となんとも軽い。

母は、入院中。
父は、ステージ4の癌患者だったりするのだが。
(再々発の初期段階だけれど)

娘は何か察知したのだろうか。
今のうちに会っておこうと思ったのだろうか。

深刻になりすぎずに。
さらりと一人で新幹線で行くから。という姿に。

母である私は、素直に嬉しく。
父(爺)との時間を過ごしてほしいと願う。

 

感傷的になりすぎぬよう。
現実を受け止めながら。
覚悟をしながら。
後悔のないように。

会話をしておいで。
爺と仲良くしておいで。

ありふれた日常の大切さを。
大好きな人たち同士で。
行ってらっしゃい。とお願いします。で。

脈々とつながりる血をつないで。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


1 2 3 4 35