孫と爺の関係

「ねぇ、ママ。今度の連休は、一人で長野に行っていていい?」
突然、夜ご飯を食べている時に切り出した娘(中2)。

「もっちろん、いいよ。」と快諾する私だけれど。

実家の母は、腰の骨を砕いて1ヶ月は入院予定で。
「爺(ジジ)しか居ないと思うけど、いいの?」と尋ねる。

「え。ジジがいるだけでいいじゃん。大丈夫だよ。」
「あら。そう。じゃあ、ジジに電話してみて。」
と、その場で、ジジに電話して約束を取り付ける娘に。

スマホのスピーカーをオンにして、話し始める。

「ねぇ、ジジー。今度長野に遊びに行っていい?私だけだけど。」
と平然と言う。
父も父で。
「おぉ、いいぞ。」となんとも軽い。

母は、入院中。
父は、ステージ4の癌患者だったりするのだが。
(再々発の初期段階だけれど)

娘は何か察知したのだろうか。
今のうちに会っておこうと思ったのだろうか。

深刻になりすぎずに。
さらりと一人で新幹線で行くから。という姿に。

母である私は、素直に嬉しく。
父(爺)との時間を過ごしてほしいと願う。

感傷的になりすぎぬよう。
現実を受け止めながら。
覚悟をしながら。
後悔のないように。

会話をしておいで。
爺と仲良くしておいで。

ありふれた日常の大切さを。
大好きな人たち同士で。
行ってらっしゃい。とお願いします。で。

脈々とつながりる血をつないで。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください