夜ご飯を作りながらの幸せ

自己満足なのだろうけれど。
私は、こういう風にご飯を作る時間を持ちたかったんだ。
と。
あまりに忙しい毎日が続いた時は。
夜ご飯のメニューがツマラナイなぁと感じたりするけれど。
時間がないから、まずは食べられるように。と急いでしまう。

こうして、気持ちに余裕を持って。
バランスを考えながら、食べてくれたらいいなぁと悩みながら。
料理をしながら。

愛情のエッセンスとは良く言ったもので。
美味しい・美味しくないを棚に上げて。
ママの手作りを食べてもらいたいと思っている。

当たり前のことの繰り返しを。
私が願う当たり前だけれど。

朝起きて。
「おはよう」と交わして。
一緒に朝食を食べ。
その日のスケジュールを確認する。
そうして、「いってらっしゃい」を言って見送ってから。

朝の家事を終えて。
一人で就業挨拶をして。
時間割のごとく、スケジュールをこなしてゆく。

息子の帰宅時刻と、娘の帰宅時刻を考えて。

自分のアポイントを入れて。
間に合わない時は、朝に伝えて。

そうすると。
子ども達も。
予定をちゃんと教えてくれる。
聞かなくても。
今日は何があったか話してくれる。
とても自然なことだけれど。

日々の生活の積み重ねがそうさせるのだと思っている。
話を聞いてくれない人には、話したいと思わない。
毎日のコミュニケーションを。
優しいものに。
相手のことを想いながら。

(子ども達が4歳1歳くらいの時)10年前かな。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください