イベント好きで、人好きな話

この夏のイベントとしてグランピング会場にてBBQを開催するという企画を提案されたので。
即「面白そう!」ということで、開催が決定した。

プレスリリースも配信しながら、グランピング施設のオープンと、サロンの3周年記念に加えて、ママ解放区プロジェクトとして企画協力。

総勢80名以上の方が会場に。

オトナの中に子供達も自然体験と、雰囲気を味わってもらいたいという想いを重ねて。
私の娘(中2)もアシスタントとして参加したのだけれど。

子育てをしながら想うのは。
自分にも学校などのコミュニティがあるけれど。
親にも親の人間関係があって。
その幅は実に学校よりも広いということ。

だからこそ。
夏休みにはイングリッシュキャンプやネイチャーキャンプ、訓練学校など様々な経験に向かわせる。

私は喋りの仕事をしているので。
イベントMCをさせてもらいながら。
オープニングからアナウンスまでを担当。
はたまたバスのガイドまでと雰囲気づくり。

その母の様子をサポートするかのように。
面白がりながら、世話をしながら見ている娘が面白くて。

私はリアルなコミュニケーションこそ大切にしているので。
そこにいるイベントや空気感に敏感になる。

イベントとは。
コンセプトとイメージを伝え。
そのことが明快になり相手が納得することで。

期待以上のものを提供したい。と考えながら。
コミュニケーションの重要性を改めて感じる。

とかくトップに立つものは。
そこがおろそかになることもしばしば見受けられ。
自分の得意分野だけで走るのではなく。
チーム作りというものを考えていけたらいい。

独りよがりになるのではなく。
イメージを共有することが、コミュニティであり。
一期一会のイベントであったとしても。

一体感や共感というものが、価値あるものに転化するのだと。

そんなことを考えながら。
イベントの原点に立ち返る機会となった。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください