Who am I? エニアグラムで自己探求 vol.2 生まれ持つエネルギー

みなさま、こんにちは。
私は、東京都西東京市で、子育てとライフワークの両立を目指す、アラフィーママです。
自分の夢の実現や個性を活かした子育てにとても役立つ「エニアグラム」という理論のお話しを分かりやすくお届けいたします。

エニアグラムとは、ギリシャ語で9つの点を持つ図という意味の、人間の性格タイプ類型論です。
エニアグラムの図は、私たち一人一人が生まれ持つ9種類の素晴らしいギフト=本当の自分らしさを発掘するための、自己探求の旅に欠かせない地図です。
そして、この度私は、ファシリテーターとして、その自己探求の旅のツアーコンダクターを務めさせていただきます。
ゆっくりとこの旅を味わいながら、本当の自分をしっかり見つけてくださいね。
それでは、みなさん、自己探求の旅へ出発です!

自己探求とは、自分の本当の『個性』を知るためのプロセスです。
個性とは、人間が生まれ持っている、一生変わらない遺伝的な特徴のことで、この世には一人として同じ人間は存在しません。
私たちは色々な特徴を持ちあわせていますが、その中には、人種や性別、身体の大きさや形などの外見的な特徴だけでなく、物事の考え方や感じ方などの内面的な特徴もあります。
さらに、知能や心の機能の違いとして、知的障がいや発達障がいなども人間の個性の中に含まれるという意見もあります。

内面的な特徴や心の機能の違いというと、性格の違いってことですよねと思われるかもしれません。
しかし、本当の自分らしさという意味での個性は、イコール性格ではありません。
性格は生まれ持ったものではなく、後天的に身に着けてきた表面的なもので、本当の自分らしさではないのです。

今日は、性格のもっともっと奥にある、生命のエネルギー中枢について見てきましょう。
私たちは、今この瞬間この場所で生きていますが、生きているとは具体的にどのような状態だと思いますか?
静かな場所で落ち着いて、次のことが感じられるか自分自身の内側に意識を向けてみましょう。

A.心臓が動き、暖かい血が巡っている。(身体)
体が緊張する・緩む・熱くなるなどの感覚、本能的な体が経験し覚えていることで無意識に今すぐ行動できることなど。

B.脳が働き、考えることで希望を見出している。(思考)
頭の中でのおしゃべり・言葉で次々に現れ流れていく考え、現実には起こっていないことや未来を想像している感覚など。

C.心や魂が揺さぶられ、様々な感動を感じている。(感情)
胸のあたりがジーンとしたりドキドキ・モヤモヤする感覚、言葉では表現できない喜怒哀楽の感情や過去の気持ちの記憶など。

これら、身体・思考・感情の存在は生きている証であり、全ての人間に宿る3大エネルギーです。
これら3つをバランスよく使えれば理想的なのですが、大抵はどれかに偏りがちです。
自分の中に3つのエネルギースイッチがあるとイメージしてください。
もしも、日常生活の中で急に予期せぬことが起こった時、あなたは無意識にどのスイッチを頻繁にOn/Offして対応しているでしょうか?
これらの使い方の違いは、自分のエニアグラム性格タイプをしるキッカケになります。

次回、エニアグラムの9つの性格タイプの分け方と一緒に説明します。

参考:美のARIKA
https://bi-arika.com/enneagram/

 

 

 

 

髙橋有加さん

資格:国際エニアグラム協会(IEA)会員
NPO法人日本エニアグラム学会 認定ファシリテーター
栄養士
Diploma in Beauty Therapy(Australia Queensland州資格)
1児の母。

HP:http://www.bi-arika.com/
ブログ:https://ameblo.jp/arika-tai/
facebook:https://www.facebook.com/binoarika/


コメントは受け付けていません。