9年と39年の積み重ねに想う

139178_18[1]

赤ちゃんの頃は、あんなに激しく人見知りでママ以外の人を寄せ付けなかったのに。

今は、となりで夏休みの宿題としてお裁縫をしている。

子どもは変化する。人は成長する。

こんな子じゃなかったけど、今はこうだ。と成長を見ている。
見ていられるのに、見ないなんて勿体ないではないか。

その子の成長を喜び、見守る。

言葉にすると容易い(たやすい)ことのように響くけれど、ちっともそんなことはなく。

机上の理論や学びをしてきているからこそ、その難しさも同時に痛感するし、自分の未熟さを突きつけられるのだが。

それでも、となりで娘の好きなお裁縫(この娘はモノ作りが好きらしい)に付き合いながら、好きなことに真剣な眼差しを見守る。(私は、苦手なので)

同じクリエイティブなことでも、私はイメージ型。
娘は実際に生み出す手を持つのだろう。

(まるでティンカーベル♫ はい、親バカです 笑)

私は、子どもを産んで視野が広がった。
私の場合は、そうだった。

生まれて39年が過ぎ、子(人)を産んでから9年が過ぎた。

豊かさとは何でしょう。
心の豊かさと、それに見合う収入と、生き甲斐と。
バランスを取りながら、上を向いたスパイラルを描いて。

夏休みの本番はこれから。
ゆっくり、我が子達と向き合っていきたいと思う。

前田カオリコ

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください