身体の声を聞きながら

どうしようもなく、忙しくて。
どうしようもなく、時間が取れなかった。
どうしようもなく、そこに行きたくて。
どうしようもなく、そのことがしたかった。

ただ、自分の声に従って。
身体が悲鳴を上げていたことを直視せず。

原因だって分かってる。
分かっていたけれど、走り続ければなんとかなると思っていた。
そのうちに痛みが消えると思っていた。
そんな生活を2ヶ月。

もうギリギリだったような気がする。

駆け抜ける日々。
提案される数々。
抑止力が作用する。

私は眠らなければダメなのだ。
自分のリズムを崩せない。

それでも。
新しいことにはチャレンジしたい。
求められればYES! と言って全力で迎えたい。

そう。
そんなに特異なことをしているワケではないけれど。
めまぐるしく変化することを楽しみながら。
自分の出来ることを確認する日々。

位置確認をしながら。
まずは目の前の家族を。

娘の中学受験を控えて。
まるで受験生の母親のようだ。と嘆くと
「いやいや、そうでしょ!」とママ友に突っ込まれる。

だって。
わたしがこんなに母親みたいになるなんて。
我が子の心配をこんなにするようになるなんて。
自分本位で生きていたのに。

こんなにも違った自分に出逢えるなんて。

そして気付くのだ。
この子達も、そうやって成長していくことを。
そうであって欲しいと願いながら。

今日も
「いってきます。」と
「いってらっしゃい。」を。

そして、破顔の笑みを。
お腹から笑える毎日を。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください