父のシニア留学

父が癌の治療でメキシコへ行き。
そのまま治ったらしいので、3ヶ月アメリカに滞在している。

大腸がん→肺がん(右半分切除)→再発(肺がん)でステージ4だった。
そんな父は、71歳。

シニアライフを満喫している姿を、父のブログから垣間見て。
自分の子は3人とも留学させて。
普通でいることは愚かなことだ。と言いながら育ててくれて。

自由奔放さに、覚悟を持った生き様を見せてくれているのだけれど。
後悔のないように生きる全力疾走な姿は。
真似できないほどのエネルギーをいつも感じる。

基準が父だったので、
私はいつも普通で、エネルギーが足りず、つまらないと思い込んでいた。

誰かと比較して卑屈になりすぎることもなく。
他の家庭がどんなかだなんて、想像すらしなかった。

だから、よくわかるのだけれど。
子どもにとって、家庭環境というものが影響することの大きさに。

大人になって、多くの学ぶ機会があるけれど。
多くの場合、家庭教育で教えられたことばかりで。
あれ、それって常識じゃなかったのね。と大人になってから知ることになる。

そうして、自分がマイノリティーのようでいて。
それはそれで、心地よく。
もっと多くの人が既成概念や一般常識にばかり縛られずにいられたらいいのに。と思うのだけれど。

いつも変わってるね。と言われていたけれど。
ちっともそんな自覚はなくて。
むしろ、周りの方が変わっているのだと思っていたし、多分 今もその節はある。

どう生きるか、どう生きていたいのか。
そんなことを、ふと思いながら。

きっと想像を絶する苦労・努力・圧力などの中で、
疾走して生きてきたからこそ。

今の姿を見ると、有終の美を飾るために。
生き抜ける感じが見える。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください