手放す覚悟とか。そういうものとか。

久しぶりに。
かなり短めのショートボブにした。
前下がりのラインはもともと好きだったけれど。
顎よりも上で揃えたのは5年ぶりくらいだろうか。

いつもと違う美容室に行ったのは1ヶ月半前のこと。
剃刀のような刃でザクザクと私の髪を切り落とす。
その感触が好きで、再び同じ人に担当をしてもらった。

彼女は私の髪をとても褒めてくれて。
仕事ではない部分でリラックスしてカットを委ねた。
仕上がった髪型は私の予定よりもずっと短くて。
ちゃんと伝えていなかったことを思い出した。

似合ってないのかも。
と不安になるも。
ずっと褒めてくれて。
あぁ、そう言われることが何よりも安心につながるんだなと思いながら。
新しい髪型を楽しむ。

帰宅してから。
久しぶりに自宅で一人ファッションショー。
シャープになりすぎないようにと。
新しい自分と向き合った。

そういえば、自粛ばかりしていて。
新しい服を楽しむことも少なくなっていて。
そうだそうだと自分を取り戻す。

髪には念が宿りやすいので。
常にメンテナンスしておきたいと思っている。
長くても短くても。
艶があることが大切で。

実質的には死んでいる細胞を。
愛でてくれる人がいなければ。
美しく保つことは難しい。

そう感じたのには理由があって。
3日前に突然、髪がバサバサになった。
多分、息子が骨折したことで。
髪への潤いが一瞬にして失われたのかも知れない。

親になり。
私は案外と弱いのだと知った。
そして強くしてもらっているように思う。
しなやかに、したたかに、私らしく。

今を生かしてもらえていることに感謝して。


(美容室にて撮影していただきました)

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください