悔し泣きの姿に。

母親としてできることは何だろうかと。
そっと背中をさすって。
黙ってしばらくベッドに横たわり、涙を流す息子を見守った。

この日。
帰宅するなり、マスクが壊れた。と言って私に乱暴に投げつけて。
そのままベッドに横たわり、泣き始めた。

悔し涙だろうかと。
私は想像する。
何があったのか分からない。
でも、確実に彼は傷ついて泣いている。

そっと触って。
そっと頭を撫でて。
しばらくそうやって。

どうしたの?と声をかけたら。
あっちへ行って。という仕草に。

一人にする時間を作った。

理由が分からないので。
とりあえず学校に電話して、担任の先生に相談する。

どうやら見ていなかったということで。
追求しなくていいので、ご報告まで。と私。

体育の時間に何かあったのかも。とか。
いろいろと想像するけれど。

生きていたらイヤな思いもするよね。
それをどう乗り越えていくかだなぁと。

私は余計なことを言いすぎず。
過保護になりすぎずに。
そっと彼が成長する姿を見守りながら。
いつも味方でいることしか出来ないのだ。

涙する姿に。
シンクロするように。
涙が流れる。

そうか、辛かったのね。と。
でも言わないでおいて。
今回は、そっと寄り添うことを選んだ。

泣いていいから。
泣ける感性だということを。

きっと学校では泣くのを我慢したんだろうと思う。
そんなことを思いながら。

いつもと同じように。
ご飯を食べて。
本人が話してくれたら、そのまま聞いてあげよう。
話してくれなくても、そのままにして。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
ママ解放区®️プロジェクト 代表
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

*女性の生き方を変える*ブルマムアカデミー
https://bmacademy.net

*話し方から魅力開花*魅話力道場
http://miwaryoku.jp/service/

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください