息子の成長と私のうっかり

小4の息子。
塾のテストの時間を間違えて教えてしまった私。
自宅から自転車で5分程の距離にある塾なので、
見送ったと思ったら、10分後に帰宅。
10時からのテストなので、15分前に家を出た。

私:「あれ、おかえり。」
息子:「ママ、誰もいなかったよ。」
私:「え?!ごめん。ママ間違えてた?」
息子:「本当は何時なの?」
私:「もしかしたら、12時だったかも。」
息子:「わかった。じゃ、行ってくる。」
私:「どこ行くの?」
息子:「児童館。」

そのやりとりに。
私を責めることなく。
しかたねーな。という雰囲気で。
遊びに行ってしまった。

多分。
少し前の息子だったら。
「もうテスト受けに行かない!」と言い出していたかもしれない。
私は、そう言うのかと身構えていた。
自分の失態に。
大きく反省をしながら。
息子が私を責めるわけでもなく。
その事実を受け止めて。

11時過ぎに児童館から帰宅して。
早めの昼食を食べ。
再び、塾にテストを受けに行った。

何気ないことだろうけれど。
成績よりもまず、このことが嬉しかった。
息子の成長を感じ。

今も目の前で宿題をしている。
当たり前のことなんてなくて。
穏やかに自発的に行動する姿を見ることで。

何気ない日常から、幸せを感じるのだった。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください