【たわごと】存在意義について

人は何を信じて生きているのだろうか。

自分の人生を他者が決断することを許容していいのだろうか。

そんな大切なことを、他の誰かに委ねてしまえる程度の自分でいいのだろうか。

自分が生きた証は、誰が証明してくれるのだというのだろう。

自分で決めて、自分の時間を生きる。

それが遠回りだろうとも。

それが無知な行為だとしても。

何を求めて生きているのか。

何がしたくて生きているのか。

分からないからそのままにしてしまうことの愚行を、誰が望むのだろう。

私には理解出来ない。

「どうしてみんなそうしないの?」

「自分が大切じゃないの?」

「大切にしたいと思わないの?」

「そもそも、みんな自分の価値を分かってない。

ものすごく勿体ないことをしていることに気付いていない。」

私のセッションは、そんな人達が対象。

だから私は、その人に向き合う。

その人の言葉から、想いが私に憑依する。

感情がシンクロする。

その人以上に涙する。

その人に成り代わって、苦痛も感じる。

そう言われると、私はやっぱりカウンセラーなのだ。

その人の中にあるものを、ひとつひとつ。

丸ごと受け止める。

私は感性で生きているからこそ、感じたことを全部言葉にして伝える。

とても分かり易く。的確に。本質が見えるから。

それが特異能力だと思ったことはなかった。

もしかしたら、そうなのかも知れない。

そうだとしたら、私はこの力で沢山の人を楽にしたい。

今日もたわごとの夜。

IMG_1624

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください