「足るを知る者は富む」

身の程を知ることは、決して悪い意味ではない。

自分の丈を知っているからこそ、その中での努力が出来る。

努力に報われる、報われないというものがあるとするならば、報われない努力というのは、方向性が違っていたり、運や縁が繋がっていなかったりすることだと思う。

私はコンプレックスの塊だった。

飛び抜けて美人でもなく、何の特徴もない普通の子どもだった。

ただ、それを早くに悟ったのだと思う。

人の個性の輝きをキャッチし、自分には持ち合わせていないものを欲しいと思わなかった。

人には、持って生まれた個性がある。

その人になろうとは思わなかったし、そうなれるなんて思わなかった。

でも、何かワタシにしか出来ないことがしたかったし、それがあると根拠のない自信を持っていた。 ただ、それだけはあった。

普通の女の子。

その表現がぴったりだと思っていた。

だからと言って、自分を普通のままでいいなんて思っていなかった。

普通から抜けるにはどうすればいいんだろう。

自分のキャパをどうやって拡げればいいんだろう。

好きなことをしていたいと思った。

他の人と比べることをあまりしなくなった。

好きなことはなんだったんだろう。

そんな折り、留学の話が届く。

何も先のことを考えずに、アメリカに渡った。

ワタシは、ワタシのままでいいと思えた。

帰国して、大学生になった。

イベントコンパニオンのバイトをした時に、自分を客観視した。

目は決して大きくないし、ものすごく痩せているわけでもないし、とにかくひたすら普通な自分の現実を知った。

だからと言って、誰にも相手にされないワケではなかったのだ。

こういう普通のオンナの子がいいと言ってくれる人がいる。

オーディションでもなんとなく受かる。

書類審査でも何となく通過する。

主役にはならないけれど、華を添える役として。

アクは決して強い方ではない。

だからこそ、自分の性格とのギャップを感じ始めた。

見た目こそ大人しいけれど、中身は天真爛漫そのもの。

ココロは晴れ渡り、いつもケラケラと笑っている。

・・・・

この記事を書いたのは、もう1年以上も前のこと。

振り返るキッカケになったのは、ある人の言葉。

「足るを知る者は富む」 by 老子

あぁ、そういうことなんだ。と。

それでいい。

これでいい。

気持ちがもっと楽になる。

IMG_2346

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

http://bloomingmom.jp
http://bloomism.jimdo.com

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください