溢れる涙の理由

過度のストレスから解放された時。
それまで負荷が掛かっていた気持ちが弛み、涙が溢れた。
ポロポロと落ちる涙に、自分が一番驚いたのかも知れない。

何がそんなに苦しかったのだろう。
どうしてそんなに辛いと感じたのだろう。

自己分析をする。

・本意でないことをしている時。
・自分の意思ではない時。
・相手を試すようなことをする時。
・相手に負荷を掛けていると感じながらも、
アクションをしなけらばならなかったこと。
・想像を超えた返事をしてくれたこと。
・自分の評価を思わぬところで受けたこと。
・大好きな人達に本当のことが言えないこと。
・自分の信念と違うことを言葉にすること。

 

苦しくて仕方なかった。
例え1時間程度の時間だったとしても。
苦悩の時間だった。

ある程度、難しいと想像はしていたけれど。
これ程までに、ストレスを感じることだとは。

愛すべき人達に囲まれて。
愛すべき人達の優しさに触れて。

私は、ママ達を守りたい。という一心でママ支援団体の代表をしていると思っていた。
本当は、守られているのは私なんだと。

ありがとうの言葉を言い尽くせない程に。

解放された時の涙と、愛情を感じた時の涙と。
自分の在り方に、責任と勇気とビジョンを。

そして、いつも笑顔を携えて。

 

前田カオリコ
話し方プロデューサー

登録商標 魅話力
動画コンサルタント

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


ひっそりと息づく。

今日もひっそりと生きている。
ひっそり。日常を繰り返す。
幸せとはなんだろう。

誰かに認められること。
誰かを認めること。

自分が幸せと感じることを素直に受け入れる。

誰かとの比較。
経済的な比較。
家族の比較。
学歴の比較。
キャリアの比較。
自分自身との比較。

言葉を紡ぐことは、デザインであり、生きる力になる。
今日も、ひっそりと私は言葉と一緒に生きている。
誰かと言葉を交わしながら。
自分の中から生まれる言葉をしたためながら。

ずっと孤独でいることも出来ず。
ずっと誰かと同じ空間にいることも出来ない。

作品を観て感銘を受ける。
自然に触れて感動する。
空間の計算美に圧倒される。

寒い季節は、考える時間に最適で。
今年もまた、私は自室に閉じこもる。

 

 

前田カオリコ
話し方プロデューサー

登録商標 魅話力
動画コンサルタント

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


年齢を受け入れるコト

殊にアンチエイジングが支持されている。
何に対しての抵抗なのだろうかと疑問に思うのだけれど。

美しく在りたいことを否定するつもりはない。
ただ、見た目の美しさというのは容姿端麗でないと承認されない。と思い込まれていることに疑念を抱き続ける。

その人の年輪を重ねること。
その人の人生が存在として醸し出されること。

それは、決して醜いものではなく自分の決断をしてきた歴史。
醜美とは、造形だけではなく生き様。

覚悟を持って生きた自分の歴史を否定するのではなく。

もともと持っているものは、その価値に気付きづらい。
失った時に初めてそれを知る。
そのありがたさに。

だからこそ、人は心から感謝することが出来る。
身の丈を知りながら。
在りたい自分と対峙しながら。

もう1人の自分と会話しながら。
あなたはどこへ行きたい?
どういう時間を過ごしたい?
どんな経験をして、誰を守りたい?
自分の役割を果たしているのか。

シンプルに。
本物に触れながら。

いいことも不遇も不運も。
その先の力に変えられる魅力を備えて。

自分にしか出せない魅力は、若さと相反するものであること。
若々しいという褒め言葉は、シミやシワの数ではなく。

その人自身から溢れるエナジー。
隠せないくらいの魅力は、年齢を重ねるからこそのオーラとして纏うもの。

そんな40代を、50代を。

 

 

前田カオリコ
話し方プロデューサー

登録商標 魅話力
動画コンサルタント

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


2017年のはじめに。

新しい年を迎えた。
毎年、同じ場所で過ごす。

変わらない日常。
成長する自分達。変化する家族のカタチ。

古くからの慣習を守りながら、縛られすぎずに変えていくこと。
毎年の繰り返しを、今年も変わらずに迎えられる幸せと。
今年も変わらずに居てしまうことへの、多少の抵抗を感じながら。

酉年。
畳まれた翼を広げて。
誰に遠慮することなく、大空を旋回しよう。
自分らしく羽ばたくことの開放感を。

 

 

 

 

前田カオリコ

話し方プロデューサー

登録商標 魅話力
動画コンサルタント

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


小学校の保護者面談

先日、小学校の保護者面談として学校を訪れた。

まずは、娘(小5)の担任教師と。

「Sさんは、いつも爽やかな笑顔で朝の挨拶をしてくれて、気持ちがいいです。」
「お母さんのお仕事(アナウンサー)にとても興味があるみたいで、いつもママに聞いてみる。といって、先日も社会の防災訓練では、放送の仕方について教えてくれました。」

ふむふむ。

まぁ、娘の基本的な部分は夫に似ていて、石橋を叩いて渡るタイプ。
もっと気楽に考えればいいのに。と思うこともしばしば。
とは言え、彼女の個性なのでそのまますくすくと育つことを願っている。

 

続いて、息子(小2)の担任教師と。

「Rくんは、とっても変わりましたねー。鉛筆をかじることが無くなりましたし、授業中に発言もするようになりました。」

「あー、そう言えば鉛筆に歯形がなくなりましたね。
自分からも率先して宿題や九九を覚えようとしているので、何かあったんでしょうか。」

と、落ち着いてきたことや学校生活について話を聞いてきた。

 

10月から「まなびの教室」に週1回(1コマ)の授業を受けはじめたことは、大きな影響があるのではないかと思っている。

勉強の仕方が分かって来たような雰囲気。
本人のやる気。
自分は出来るんだ。という自信。

これは、ただ見守っているだけなく、教師や保護者が連携して適切な指導や授業を受けられるようにしたからではないだろうか。

 

もしかしたら、何もせずにそのままでも息子は成長して、落ち着いて授業を受けていたかも知れない。
そればかりは想像でしかないけれど。
今、親が出来ること。周りの協力が得られるのであれば、やはり適切な時期に適切な対応をしておきたいと思う。

口うるさく指示するのではなく。
それぞれの個性を見ながら。

 

我が子達の可愛さに(親バカ)、ギュッと抱きしめる。

「ママ、サンタさんに手紙書いたんだ。」そう言ってみせてくれたイラスト付きのお願いごと。

「ねねも書いてたよ。」 小5の娘も書いていたという。
そういう姿がただただ愛おしい。

保護者面談をした後の、自宅での会話。
家でも学校でもお友達とも。

子ども達の成長を。
これからもこうして感じていられるように。

 

 

前田カオリコ

話し方プロデューサー

登録商標 魅話力
動画コンサルタント

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


1 2 3 4 5 6 16