毒親の話 

食事の時間が一番のコミュニケーションタイム。
娘(中2)と話す。

私:「ねぇ、毒親(ドクオヤ)ってきいたことある?」
娘:「・・うーん。独りの親ってこと?」

私:「あー、そう来たか。ドクは孤独のドクじゃなくて、poison(毒)の方だよ。」
娘:「へー。知らない。」

私:「親からする子どもへのイジメか、虐待の別の言い方とも言えると思っているんだけどね。」

そう説明しだす私をよそに、モリモリとご飯を食べる娘。

私:「ねぇ、聞いてるの?」
娘:「え、だってうちには関係ないでしょ。」

 

そうね。そう言って、会話は中断されてしまったけれど。
あのね、世の中にはそうやって苦しんでいる子どもがたくさんいるらしいのよ。
親自身の自己肯定感の低さが、子に対して毒親になるというのも一因だと思っている。

だからこそ、正論ばかりをぶつけるのではなく。
どうして期待するのか。エゴなのか。別人格だということの教育を大人にこそ。
もっと知る機会があればいいのに。
そういうことを考えながら。

今の活動につながるのだけれど。
育児に正解などない。
そして生き方にだって正解なんてないのだから。

迷わぬ人などいるだろうか。
側面の成功ばかりに焦点を当てることの意味のなさに。
問題意識を浮き彫りにしながらも。

環境や意識を変えていくことに。
長所も短所も表裏一体。
短所も長所。

劣等感を味方にして。
緊張を糧にして。
成長してくことの素晴らしさに。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


あなたは沢山のものを持っているのに。

自分の幸せを数えたことがありますか?
他人の不幸せの数を知っていますか?
数ではなくて、深さや大きさが問題だというのならば。
その基準は何ですか?

そのデータは、誰のデータですか?
自己分析ですか?
正確なものですか?
憶測ですか?
事実ですか?

持っていることは当たり前で。
自分にないものを漠然と羨ましがる。

今持っているものに感謝しているつもりになっていても。
その不幸せの数を数えていることに違和感はありませんか?

あなたにとって大切なものはなんですか?
体裁ですか?
収入ですか?
ポジションですか?

満たされない自分。
みんなに好かれていたい自分。

不安が漠然とあるのだとしたら。
明確にすればいい。

私は、そんなあなたを受け止めるから。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


【勘違いしない備忘録】好きなことをやって生きる

とにかく私はものぐさなので。
自分の興味のあることにばかり夢中になる性質である。
ビジネスにおいても、個性を伸ばすことにおいても「好きなことをやる」ということはとても重要であるし、効率も良くなると言われている。
実際そうであるだろうと思うので、そこを否定するつもりはない。

ただ、今の私にとって言えることは。
好きなことだけでは頭打ちが来るということだ。
経理が苦手だからと一生避けて通っていいのだろうか。
世の中の仕組みがあるというのに、そこをやらずして「好きなこと」=「道楽」だけでいいのだろうか。(私の場合だけれど)

全くもって今更であるが。
周りから小言を言われるのがほとほと嫌なので。
自分で成せるようになりたいと。
そして誰かの役に立ちたいと思いながら、知識を入れることの大切さを。
教育を受けることの重要性と贅沢さに。
勉強が苦手だからと避けていいものだろうか。

よくもまぁ、自分がこんなことを言い出すようなるとは。
過去の自分も大層驚くだろうけれど。

自分の都合のいい言葉だけに溺れて、現実を見ないということの勿体無さを。
できることの可能性を信じて。と声高に叫んだとしても。
自分自身のことを律するというのはやはり難しく。
だからこそ、師に学び、友と過ごし、新しい人から刺激を受けることを続けるのだ。

今、私はビジネスモデルを考えに考えている。とても真剣に。
収益のないところに社会貢献が成り立たないということを身に沁みて感じているから。
そして、教育を受ける環境もしかりだけれど。
その教育を受ける側のマインドの成熟を求めて。

人は変わる。
そのことを自分自身が実感としてあるのだから。
責任と立場で人は創られる。
教育と指導によって人は生かされる。

あくまでもポジティブに捉えながらも。
その逆もしかりであることを肝に命じて。

我が子に何を見せられるだろうか。
私の覚悟はどこにあるのだろうか。
オトコもオンナも自分に誇れる生き様で
この100年時代を生き抜いていこうではないかと。

新元号になる時代を控えて。
私もその畝りに乗りながら。

冒頭に戻るが。
好きなことを極めるには。
やっぱり乗り越えるために、苦手なことにチャレンジすることになる。
最終的には好きなこと、やりたいことを極めるための手段なのだから。
厭わずにやればいいのだけれど。
変わらずに苦手だわー。と言いながらも。
私は10年掛かったけれど。
ビジネスモデルを立ち上げて。
収益を上げる。ということの意味を噛み締めて。

継続していくためには。
企業として、法人として。
法のもとに人格を作り出したのだから。
私が生んだ子として。
成長させていかねばならないし、させていきたいと心から思えるようになってきた。

実感というものは。
会社を登記した時よりも。
時を経て、実際にどのようなものなのかを知りながら。
視点が変わることで得られる考え方に触れながら。

なんだかんだと言い訳したけれど。
結局、私は今の状況が苦しくても楽しいと思えるということを綴りたかっただけで。
なぜならば、あんなに理解不明だったことがようやく自分ごととなり。
何度もチャレンジした事業計画が、ようやく私の中に芽生えているのだから。
自信のなかった当初から。
綺麗事だけではない現実を肚落ちさせている。

 

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


新元号「令和」に親和性を感じて

新しい元号が発表された。
第一印象は、美しい日本語の響き。
意味を知り、ますます嬉しくなった。

「人々が美しく寄せ合う中で、文明は開花する。」
安倍総理が会見で述べた意味を、日テレのテロップに表示された言葉に。

『首相は新元号に込めた願いを「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄を、しっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定した」と語った。』朝日新聞デジタル

 

まさに、私がブルーミング・マムで発信している願いと重なる。
一人一人の花を咲かせて。
令和の時代は。
女性がもっと活躍する時代で。
個人や好きなことが受け入れられたり、尊重される世の中になるという願いを込めて。

新しい年度を迎え、初心に返ってブルーミング・マムの活動方針を改めて振り返る。
新しいカタチのママコミュニティの広がりをもっと。

新元号「令和」
手話の表現方法は「花のつぼみがゆるやかに開く動作」として決まったと4月3日付の読売新聞で確認した。

私たちの活動も時代にふさわしいものでありますように。
今年度もどうぞ、よろしくお願いいたします。

ブルーミンング・マムとは
活動紹介です⬆️


(あいにく梅の花ではありませんが、美しい桜を毎年見られることを願って。)

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


【活動報告】新宿区自治フォーラム2019

こんにちは。
前田カオリコです。
今日は、先日登壇させていただいた
新宿区自治フォーラム2019のご報告。

公民連携(PPP)事業だったり、
コミュニティ作りなどがテーマだったということで、
ママコミュニティ作りをしている、ブルーミング・マムに
お声掛けをいただきました。


普段は司会などで、フォーラムに参加している立場でしたが
今回はパネリストという立場で参加は初体験でした。

最初は緊張しましたが、性分というものは変わらず
ここでもカオリコ節でお話しさせていただけたので、
本当にいい経験をさせていただきました。


現在、取り組んでいる「ママ解放区」プロジェクトを始め
課題や未来のことなど、様々な切り口で展開されました。

何より、各教授や職員の皆様、参加者の方々に理解・共感・応援の
コメントが励みとなり、これからも活動を続けていこうという
気持ちがより強くなりました。

新宿が好きで移り住んで10年以上になりますが、
このような形で根付いた活動をさせていただけてとても嬉しいです。

信州出身の私ですが(長野県伊那市と新宿区は友好都市)というのも
どこかご縁を感じています。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


1 2 3 4 5 6 32