戸田市役所「戸田ゼミ」で学んだこと

先日、関東学院大学の牧瀬先生からご紹介をいただき、戸田市役所の有志職員で構成されている「戸田ゼミ」にて、講師を担当させていただきました。

10年のママ支援活動を振り返り、その内容と実施してきたことを踏まえて「ママ解放区プロジェクト」のことについて、一緒に考える時間をいただき、大変有意義な時間を経験させていただきました。

受講者の方は行政職員さんたちなのですが、
「これまでのゼミから一歩も二歩も踏み込んだ内容でよかった。」
「一見、キラキラ系のママ活動かと思ったけれど、本質をしっかりやっているので参考になった。」 など。

ブルーミング・マムのスタイル(カオリコ流)は、オープンにワクワク&大丈夫!が基本になるのでとても嬉しく、準備が大変だったことは一瞬にして報われます!

準備を手伝ってくださった皆様、ご縁を繋いでくださった先生。
本当にありがとうございました。

次回は、11月に関東学院大学にて講義を控え。
120人を前に出張講師を担当させていただきます。

ママ解放区プロジェクトを多くの方に届けれるよう、これからもお伝えしていきます。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


その先にあるもの〜自分らしさの定義〜

「私にはわたしの生き方がある。」
そういう意思で生きている。と言った方が正しいかもしれない。

信念を貫くには。
迷ったり、試したり、チャレンジしたり。
自己投資もしてきた。

カウンセリングや個別セッションをしながら。
魅話力(みわりょく)について伝えている。

その人にしかない魅力を、私は見つけていきたいし。
そこをその人自身に気づいて欲しいから。

自信がないというのなら。
私がまるっと受け止めよう。
そういう想いで。

体型のコンプレックス。
顔の造りのコンプレックス。
ファッションも、色も、性格も、見た目も、歩き方も。
トータルで。

その人の魅力になる。
何かを持っていることが全てではなく。
自分と他者を比べて。
持っているからすごいとか、持っていないからダメだとか。
そういうことではなく。

持っていることで、不自由なこともあるだろう。
目に見えないことで、自由なこともある。

現実を受け止めつつ。
どうなりたいのかを突き詰める。

開き直り。というと捨て鉢のような意味合いになるので。
そういう表現ではなく。
ただ、現実をそのまま受け止めることなのだから。

 

私自身、ダイエットも散々してきた。
コストをかけて。
2ヶ月の集中ダイエットで、サロンにも通わせてもらったことがある。
別の時には。
自力のダイエットで、2ヶ月で5キロ痩せ。
1年後、見事に10キロのリバウンドがあった。
ファスティングもしたし、クリニックにも通った。
3年かけて自分のベスト体重に回復した。
それから、3年。
結局、中学時代から変わらない自分の体重がベストだと知る。
中肉中背の私は、飛びぬけて強い個性があるわけではない。

ファッションも。
骨格診断・カラー診断・人相学・エネルギー・歩き方・
立ち居振る舞い・・・一通り学んできたのだから。
そこで行き着いたのは。
知識以上の自分らしさ。

ワクワクすること。
ダイエットもファッションも。
ストレスが一番、自分を魅力的にしないということ。

何事にも共通する。
基礎をしり、応用する。

自分らしくアレンジするためには。
無知ではならないのだ。

例外の人もいるだろう。
それでも私も特別ではない。

悩み、学び、転び、つまづき、それでも今があるのは。
好奇心が私を支えてくれているということに気づく。

自分を突き動かすものを。
好きなことを見つけて。
心地いい場所を求め。
自分で開拓する性に。

今日も私はコロコロと笑っているだろう。
そして、それが誰かのエネルギーになるのなら。
喜怒哀楽を大切にしながら。

今、この時を生き切るしかないのだから。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


コミュニティ作りの話(チームプロマム)

「地域に根ざしたコミュニティ作りをしている。」
というと、私にとってはちょっと堅苦しくて。(実際そうだけれど)

「ママを対象にしたコミュニティ作りをしている。」
と一括りで表現しても。
あまりしっくりこなかったりする。(事実だけれど)

「ママという立場になった女性が、
社会とのつながり、家庭教育、自分の時間を持つことのバランスを取りたい人のためのコミュニティ」と言ったところで。きっとピンと来ないだろう。(本当だけど)

「フルタイムではなくて、専業主婦でもなくて、
専業ママ(本日のキーワード)として、子どもやパートナーとのタイムスケジュールを中心にしながら、その合間を自分時間と捉えたママの起業をサポートする居場所作り」

長ったらしいけれど、こういうコミュニティの場を提供している。

今日は、子ども達の夏休みが明けて、久々の交流会→ランチ会を開催した。
幸せな時間だった。

みんながつながっていく様子や、私のことを理解してくれていることとか。
お互いが無理せずに、持ち上げることもしなければ、引き下げることもしない関係性。

「相互尊重」ができると、自分に自信が持てる。
その逆もしかり。

これでいいという意識や、不安だけれど何かしたいということを素直に言える場所だったり。
何か成していないと入れないコミュニティではなく。
何かしたくて、大切なものがあって、どれもこれも。
欲張りだけれど、時期をずらせばいいだけだったり。

全部を一度に手に入れようとするのならば。
その分の時間を捧げることになる。

今、
何が最優先ですか?

育児ですか?
仕事ですか?
自分ですか?

それをしながら、5年後はどうなっていますか?10年後は?

保育園利用者 1/3
幼稚園利用者 1/3
それ以外の利用 1/3

本当にざっくりだけれど。
幼稚園ママは、専業主婦ばかりではない。

幼稚園に行っている間だけ。
自分の時間を充実させたい。
社会とつながりたい。
働きたい。
学びたい。

私は、まず自分の知的好奇心を満たしたい。という理由だった。
一人でいる時間を。
世間知らずな自分が、母親になったことでそれまでとは違う業界や環境で行きて来た人たちと触れることだったり、知らないことの多さに。

コミュニティにしたのは、6年前。
それから、毎月1回の交流会を必ず開催してきて。
そのうちに、プロマム(専門家ママ)のランチ会を開催するようになり。

同じ想いで仕事と家庭と自分のバランスを大切にしたいというママ達とつながり。
ブルーミング・マムというコミュニティを作り。
支えて、支えられて。

「ママだからこそ、花開く人生を。」by Blooming Mom
それを体現していくママたちと一緒に過ごせる時間に感謝して。

いつもありがとう。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


中学受験をやめた話(息子:小5)

中学受験を志したものの。

猛烈なストレスで日々イライラしていた1学期。

 

毎回、塾をやめたいと言い続け。
暴力的になり、反抗的になり、何のための受験なのかを考えて考えて。
言い合いになり。
「あなたが受験したいって言い出したんでしょう。言葉に責任を持ちなさい。」だとか、「先生がムカつくんだから無理に決まってるだろ。」とか。
様々なやりとりを重ねた結果。
小5の一学期で退塾した。
やめるまでのストレスはお互いにあったと思う。
親は期待する。
できないわけではないのに。塾の先生からももったいないと言われたり。

散々悩み、散々相談したけれど。
夏休みを終えて、二学期が始まり。
息子の穏やかさは戻り、会話も増えた。

人生は長い。
しかし、いまのうちにしておいた方がいいということは、大人の経験則で伝えたい。
そういう葛藤の末。

息子のユニークな発想や。
こう書いたら正解だと思うけれど。
と前置きして、自分の意見を書くことや、面白いと思うことを優先することに。
どの選択が良くて、どの選択が間違っているのかなんて分からないけれど。
この子には、それでよかったと思える選択をしたと思っている。


こちらは、今日(9月6日)リビングに落ちていたもの。
えっと、母の日は5月ですが・・・。と思いながら。
開いてみると。
ーーーーーー
「飯を作ってくれてありがとう
それ以外 家事はなにをやっているかな
ふろそうじ(風呂掃除)は父だし
まーありがと
(仕事はかさんしない)
ーーーー
という。
とても楽しいメッセージカードだった。
今、彼に必要なのは。
充分に甘えられること。
充分に自分のことを理解してくれる大人がいること。そこが満たされたら。
自分のやりたいことを見つけて。
そこに向かって進むだろうと信じて。

 

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


それは虐待なのか。

人生の岐路というのは、どこを指すのだろう。
就職するときも、結婚するときも、出産するときも。

きっと私は子どもの魂を持っていて。
どこか純粋さと無垢さと、見たくないものを無意識に避けていたように思う。

子どもの頃。
本当に幼い頃。未就学児の頃だ。

願い事が3つ叶うなら、何をお願いする?という話で。
私は、一つでいいと思ったのだけれど。言葉にしなかった。

「悪い人がこの世からいなくなればいいのに。」

そういうことを。
それでも必要悪があるとか、世の中何が良くて、何が悪いなんて決められないんだよ。
そんな話を耳にしながら。

悪い人というのは、人を傷つけたり、暴力を振るったりする人のことだと。
当時の自分を代弁するとそうなるのだろう。

心から。
世の中にある虐待がなくなればいいと願う。

石垣島の旅先。
朝食を食べていたホテルでの出来事が脳裏に焼き付いたままだ。

ビュッフェスタイルの広い会場。
4人家族が少し離れたところで食事をしていた。
体格のいい父親の隣に、メガネをかけた小4くらいの線の細い男の子。
正面には母親らしき女性と、男の子の妹らしい幼稚園年長さんくらいの女の子。

突然、父親が隣に座っていた男の子の顎を突いて。
何か言っている。声が聞こえない。

愛情のあるスキンシップじゃないと感じ。
私はフリーズして目が離せなくなっていた。

すると、また父親が男の子に何か話しかけ。
その返事が気に入らなかったのか。

父親が男の子のこめかみの部分を、グーで殴った。
一瞬のことだった。
男の子は目をパチクリとさせながらも、泣きもせず。
黙って父親の隣に座っていた。

母親も妹も。
目の前で何も起こっていないかのように。
言葉を発することなく。
表情を変えることなく。
そのまま食事を続けている。

それって。
常習化していることなの?
どうしてそのままで居られるの?

私は食事が続けられなくなった。
その男の子の線の細さ。
父親の身体の大きさ。
母親の上品でいて表情のない顔。
妹は、かろうじて兄の表情を伺いながらも。
触れてはいけない雰囲気に。

苦しくなった。
そして、何もできなかった。
どう声をかけたらいいのだろう。
その子を守れるのだろうか。

どういう背景があるのだろう。
親子関係なのだろうか。
いろいろと想いを巡らせているうちに。

父親が席を立って。
男の子は、斜め後ろからもわかるくらいに。
明らかに苦しそうに食べ物を頬張って。
それでも、飲み込んで。
父親の後を付いていった。

気のせいだったのかもしれない。
そう思いたかったのは束の間で。

その後、母親が席を立ち。
その少し後に、娘が後を追うように。

今のは、食事が終わったということなのか。
それから、その家族はテーブルには戻らなかった。

家族の在り方とは、一体なんなのだろう。
厳しさと愛情は。

その家庭によって違うであろうけれど。
理想論だと言われても。

笑い声のある食事や、
殴らないコミュニケーションであって欲しいと願う。

虐待とは。
表面化しないからこそ。
そこに潜んでいて。

難しいけれど。
私ができることを模索しながら。
発信しながら。

声を上げていくことで。
届いて欲しいと願う。

非力でも無力でも。
それでも言わずにはいられない。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

 


1 2 3 4 5 6 36