週末の過ごし方が変わる時

毎週末、どうやって過ごそうか。どこへ行こうかと考えていた。

子どもが小さい時は、沢山の体験・経験を一緒にすることへの比重が高かった。

成長を見守りながら、五感をフル稼働させる体験を。と親の出来ることをしたかったのだと思う。

我が子達は、小5、小2になり、週末は友達と遊ぶことが増える。

ママと一緒にお出かけしようよ。
ママと一緒に図書館へ行こうよ。
ママと一緒にお昼寝しようよ。

あれだけの「ママ」との時間。

今は、学校のお友達と過ごしながら「家」に帰ってくる。

安らげる場所。

不安を抱えることなく。
心が休まる場所にしたいから。

家庭では、温もりと食事とパーソナルスペースを確保出来るように。

それは、淋しさではなく頼もしさ。
よかった。
不安でママから離れられないことがなくて。

こうしてママから離れて、安心して遊びに行けるようになって。

ママは「お帰り」の場所にいるよ。

「行ってらっしゃい。」って言って、お見送りをするよ。

夫も娘も息子も、玄関で見送る時はどこかに触れるようにしている。

お互いの存在を確かめるように。

お守りのように。

妻・ママのおまじないのようなもの。

みんな無事に帰ってきてね。

 

 

でもね、それだけじゃないのが私のスタイル。

 

私も出掛ける時は、同じように「行って来ます。」
仕事に全力を注げるように。
遊びにも集中出来るように。
その時を充実させるために。

玄関の扉の向こうは、まるでハウルの動く城の扉のように自在に変化する。

そして、家に帰るとそこには日常がある。

変わらない日常・家庭の空気・温度は、日々の積み重ね。
我が家の場合は、こんな感じ。 それだけのこと。

 

IMG_2692

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

 

 

 


覚悟を決める

覚悟すること。

変化を求めながら生きている。

知らない世界をみたい。
未踏の地に踏み込みたい。
そこからの景色がみたい。

それには、リスクが伴う。
そのリスクをもってしても、そこに行きたい。
見たい・知りたい・聞きたい。

その知的好奇心を。
胃がキリキリするようなストレスを感じたとしても。
そのストレスが負荷だからと、チャレンジを回避する程度では
覚悟が足りないのだ。

恐れる気持ちがないわけではない。
それを抱えるからこそ、慎重に大胆に道を拓く。

出来ない理由を並べながら、前進することをしないでその場に留まることの選択は
出来る理由を数え上げることとは真逆。

それでも、私は前に進みたい。

知らない世界を見たい。
自分で体験したい。
ただ、それだけが原動力。

 

 

e48d3b510e9dc3ed5f2aeda38e7a5a15167ae8cdstd

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

 

 

 


【たわごと】40歳の節目に。

40歳を迎えた。

40代のスタート。

20代は、ひたすら経験を重ねた時代。

学生▶︎社会人▶︎結婚▶︎出産

ここで得たものも計り知れない。

 

30代は育児と自分の価値を模索した時期。

子育てをしながら、自分は何なのか、何者なのか、何が出来るのか・・。それをひたすら自問していたように思う。

子育て修行の日々。

別人格の子どもを抱えながらも、生きること、生命力、育てる責任・覚悟が出来た時期だった。

自分らしさを考えながら、自分が何に向かっているのかも分からなかったけれど、ただその時に出来ることをしていた。

いつの日か、自分の時間が増える時がきたら思いっきり弾けたい! そう願っていたから。

 

そして40歳を迎えて感じること。

こんなにも自分に時間が出来るのかということ。
子ども達は、親と共に経験する時間から、
友人・社会とのつながりで経験値を重ねる年齢になっていた。

もちろん、母親としてのサポートはするし、見守っているけれど、関わり方が明らかに違う。

そして、乳幼児の頃は24時間密着していたことを思うと、実に我が子と過ごす時間の減少に子の成長を見るのだ。

私は、私のタイミングを考えて自分のライフプランを何度も書いて来た。

40代。

飛躍の10年にする。

そう決めた。

 

自分との約束に。

 

ステージを変える勇気を持って。

 

私が今出来ることを、潜在的な力を。

全部、出し切りながら、周りの人に支えられながら。

 

私自身、周りの人達への力になるために。

 

 

bd5d974d1a6c351c38529db0e396c626627fc215std

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

 

 

 

 


他者と比べるのではなく・・

「個性は、磨くものであると同時に滲み出るもの。」

そんなもの。

どんなにジタバタしても、その時の自分が出る。

 

自分がどう在りたいのか。

心地よく。

自分らしく。

 

他者と比べるのではなく。

 

無理して個性を出そうとしても。

それは、ただ窮屈なだけだ。

IMG_1626_2

 

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


「会いたい」だけでは「会えない」

「会いたいです。」「今度食事でも!」「またご一緒しましょう。」

これは、社交辞令。

そのくらいは一般常識として、本気にしすぎないでくださいね。

価値ある時間を過ごしたいと思っている人ほど、誰と会うか、どのように過ごすか。ということを大切にしています。

 

そんな人に「今度、ゆっくりお話させてください。」と言ったところで、流されます。

特に、仕事でない場合の優先順位は自ずとして下がってしまうのは仕方のないこと。

そして、時間がないわけじゃない。
本気で会いたいと思ってくれているかどうか、図られています。
だって、上手くいっている人程、実は時間は作れるのだから。
これは、自由に自分の時間を使えることに憧れる人が多いことでも分かります。

「時間がないのではない。作るものだ。」よく耳にしますね。(しない?)

「時は金なり。」
「時間は誰もに与えられた唯一平等なもの。」

ということで、会いたい人に会いに行き、楽しい時間・有意義な時間を過ごしたいと意識するものです。

同時に、「無駄な経験など1つもない。」というように全ての自分の過去には価値がある。ということも未来の自分を飛躍させるために必要なマインドになってきます。

それに気付くことで、今の自分が過去の積み重ねであることを受け入れることで、未来が大きく拓けます。

それと、その時に必要な人と必要なタイミングで出逢ったりするので、縁がない人はないし、ある人はある。 そんなものなんですよね。

 

と、いうことで今回は、GWのゆるゆるバージョンで綴ってみました。

GWだからって、ぎちぎちなわけでもない。遊び倒すわけでもない。
自分の基準・物差しを相手に合わせて使ってみたところで、ちっとも合わないのは当然。

だから、自分のペースを作ればいいだけのお話でした。

 

それでは、よい週末を。

IMG_8332

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

 

 


1 17 18 19 20 21 22 23 27