幸福の基準とは・・

世の中には美しいものも、可愛いものも、素晴らしい芸術品も。
とにかく沢山のモノで溢れている。

自然美・造形美。
目に見えるものも、見えないものも。

満たされると人は穏やかになり、人に優しくなれる。
それは、物質的であり、精神的であるものだ。

欲張りな私は、両方とも手にしたいと思うだろう。
しかし、その先にあるものは、何だ。

人が幸せだと感じる時間は、本人しか分からないこと。
幸せは、押し付けられない。

::::::::::::::::::::::::::::::::

今日、息子が泣きながら塾をやめたいと言い出した。
理由を聞くと

「友達と遊べなくなるから。」

新しいクラスになって、

月・火・水・木・金・土・日。

毎日、別の友達と遊ぶんだ。と言い出した。
うーん。
ママは考えちゃったよ。

そうだよね。遊びたいね。

小学3年生。
学校で全部教わるだろ。
同じことをちょっと先に教わったってつまんないんだよ。

と、生意気に主張していたけれど。
ふと漏らした言葉が私を射抜く。

遊べなくなったら、仲間はずれになっちゃう。

そうだね。
そうか。

わかった。

このことは、新年度がスタートした時からずっと言ってたね。
実は、4月に入ってからずっと課題だった。

ちょっとお休みしてみようか。
状況を静観できるようにして。

新年度が始まって3週間。
息子には息子のペースがある。

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント

登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
元新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー


満たされることについて

刺激が好き。のんびりした時間も好き。
とにかくバランスが何よりも重要だということ。
同じ場所に居ることが出来ないのに、帰る場所が欲しくて。
子ども達の基地でいるママとしていることも、私を幸福で満たしてくれる。

自分が嫌なことはしない。

縛られること。
決めつけられること。
自由を奪われること。

矛盾だらけのあらゆることに。

治まらない感情の激しさと揺れをコントロールするための時間。
私は一人で居る時間が必要なこと。

誰かと関わると、全力で応えてしまいたくなるからこそ。
私は一人でいる時間を持ち、精神的なバランスを整える。

毎年、同じ場所で咲く桜を眺めながら。
私は自分の中に養分が行き届くのを感じる。
あぁ、なんと見事な桜だろうか。
そして、周りの雑音が聞こえないこと。
すれ違う人が、静かに写真を撮り、眺め、また歩き出すこと。

私は、ここの桜が好きだ。
誰かと共有することもとても重要だけれど。
私は、もう一人の私と会話をする。

ねぇ、今年の桜も綺麗だね。と。
ここの眺めが一番好きだと。

来年も穏やかな気持ちで迎えられるように。
一年のうちの1週間のために。
この桜を観て、私はこれまでの時間を振り返る。
一人で立ち止まり、一人で堪能する。
それは、とても贅沢で幸せな時間。

それから私は再び日常へ還る。
密かな楽しみ。
人は、全てのことを表面化することは出来ないし、
出来ないからこそ、魅力であり、引き出しを持つことになる。

元々、人は多面的な生き物。
どの顔も自分であること。
それを誰かの何気ない評価で振り回されぬように。
自分の人生は自分で決める。
何度も繰り返して、確認する。

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント

登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
元新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー


「幸せ」について

果たして、幸せとは何だろうか。
今更ながらに問答する日々。

自己実現するために生きること。
子ども達の幸せを願うこと。
広い世の中を広く渡ること。
知らないことを知ること。
知的欲求を満たすこと。

衣食住が確保され、何かに没頭しながら生きること。
誰かのために生きること。
誰かに必要とされること。

大きな渦の中で。

今日も私は生きている。

自分が好きなものに囲まれて。
大切な人達と一緒に時を過ごす。

いつも側に居なければならないのではなく。
精神的に繋がっていればそれでいい。

君が頑張っている姿を知り、僕も頑張れる。

そういう時期があった。
そして、それでいいのだと改めて思う。

私は私の生き方を摸索し、試行錯誤しながら。
あらゆることがパラレルに進み、混乱しないのかと問われる。

自分で決めて、責任を取る。
仕組みはシンプル。

やるかやらないか。
一度きりの人生を。
どう生きるかは、自分で決める。
巻き込まれたら、肚を決める。

それだけ。
答えはいつもシンプル。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント

登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
元新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー


ママ達のSOS

乳幼児を抱える母親は、しんどい。
それは、今に始まったことではないけれど、とかく理解が得られないことが多い。

激怒して1時間以上泣き続ける子供に「自分の子くらい泣き止ませられなくてどうするの?」と虐待の疑いで通報された私の家に来た警察官に言われたセリフ。

どうしていいか分からずに助けて欲しいのに、母親がやって当然。理解出来て当然。そんな言葉や空気・態度が伝わる。

母親の孤立をどうにかしたいと、私はママサークルという名目で、母親支援をしている。
サークルという組織で参加するハードルを低くしているつもりだが、それでも中ではグループになっているのじゃないか。派閥みたいなものがあるんじゃないか。と、初めての場所へ一歩踏み出すのには勇気の要ることに変わりない。

笑顔の裏の悲鳴は、届きづらい。
母親だから、笑顔でいなくちゃ。我が子のために、笑顔でニコニコしていなくちゃ。
泣くことを我慢して、初めての育児に新米のママはOJTがつくこともなく。
核家族化の中で、乳幼児検診で会うママ達も同じ新米同士。
解決策よりも「大丈夫」の一言がお互いに言えない状況。

みんな、ちゃんとやっているように見える。
私だけこんなに大変なのは、自分がオカシイんじゃないか。努力が足りないんじゃないか。
違うよ。そんなことはないよ、と。

少し先輩のママが、大丈夫だよ。
良く頑張ってるよ。

その一言を伝えられるだけで。
そういう居場所を作りたかった。
そして、今もブレずに活動をしている。

理解が出来ない夫は、1週間でいいから会社を休んで一人で育児をしてみればいい。
今度のGWにママを解放して、最低でも24時間は乳幼児と過ごしてみればいい。
それが、24時間・365日。
子どもの成長を肌で感じながら、本能で感じて欲しい。
「私」は、一人しかいない。
母・妻・嫁・私。
とかく、乳幼児の時期は、自分時間が圧倒的に、突然断たれる。
その修行を、パパも一緒に経験する機会が持てたら。
こんなに母親の悲鳴が轟くことはないのに。

社会と繋がれないことの不安。
自分のアイデンティティの不在。
養われているという負い目。
女性は、もっと自由でいいはずなのに。
出産することによって、強制的にかごの中に入れられる苦痛は、
キャリアを重ねている女性であればあるほどに、強烈なダメージとなる。

ママ支援活動は、ボランティアだけれど。
ボランティアにも限りがあるということを。
ママ活動だから、ままごとみたいなものでしょ。という認識を。
その常識と思っている人達の概念を突破する方法を。

 

お互いに尊重しあえる社会を。
今日も、子ども達の背中を見送りながら。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント

登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
元新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


信じられるものとは・・

人生において。
何が本当で、何が虚偽なのか。
自分が誰で、どこから来たのか。
どこへ向かっているのか。
グルグルと目眩(めくるめ)く日々に。

目に見えるものだけが事実ではないこと。
言葉に出来ることだけが本当ではないこと。
願ったことだけが叶うのではないこと。

年齢を重ねながら、経験をしながら。
確信の色が濃くなることは、
やはり愛される経験を持つことなのだと思う。

幼児期の経験。
青年期の経験。
その年齢に見合った経験がある。

人生は短い。
人生は長い。

その人生を、死ぬ時に「楽しかった。」と。
そう思える生き方がしたい。

だからこそ。
目の前に起こることだけが全てではなく。
手にしているものだけが幸せにするのではなく。
そこにあるものも、ないものも。
自分を形成しているものは、満たされるだけではないことに。

上澄みだけを見るのではなく。
人は深く考えられる生き物なのだから。

 

前田カオリコ
話し方プロデューサー

登録商標 魅話力
動画コンサルタント

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

 

 


1 2 3 4 5 16