言葉遣いは、相手との距離や関係性が見えるもの。

0052

「敬語が使えない」ことと「敬語を使わない」は、全く違う。

どの人ともフラットに接したいから、と敬語を意図して使わない人もいるかと思う。

それはその人のポリシーになるので、色々言わないこととして、と。

敬語に限らず、相手を尊重する気持ちや、感謝の気持ちを伝えたい時に、適切な言葉や表現を用いられると、自分の中のモヤモヤが少なくなる。

「使えない。」というのは、知識がないので教育が必要になります。

「使わない。」というのは、戦略が入ってくるので時と場合で使い分けることですね。

さて、
「英語がもっと上手に話せたら、今の感動を言葉で伝えられたのに。」という人も多い。

日本語も同じで「日本語の知識がもっとあったら、(または、表現方法のバリエーションがあったら)相手にもっと自分の感動を届けられるに。」ということと同義になる。

尖った気持ちのまま、言葉を発すれば、尖ったまま空気が振動して、相手に刺さる。

柔らかな気持ちで言葉を紡げば、ふわっとしたままの空気と一緒に相手に届く。

音は、空気を振動させて周りに響く。声も同じ。
発する言葉は、内容と人柄が一致していないと相手には届かない場合が多い。

話し方は、その人を現すインフォメーション。
情報が沢山詰まっているのです。

だから、会えば分かる。
空気感、話し方、選ぶ言葉、語尾の口調、姿勢、目線、歩く速度、珈琲の飲み方、などなど。

与えたい印象の人になるには、具体的にそういう人の細部まで真似してみるといいかもしれない。

続きは、また。

魅話力®
話し方プロデューサー
前田カオリコ

0052

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です