クルクルと表情を変える心の天気模様

時折、ものすごく疲れることがある。

抜けない疲れがたまると、ハラハラと涙が流れる。
泣く事で、バランスが取れると知ったのはいつの頃からだっただろう。
自分にストレスが掛かっている事すら気付かない。

愉しいことにまぎれて、心の負荷を見ない。見えない。

時々、心が砕けることもある。
時々、嬉々として我を忘れる。
時々、切なくて苦しくなる。
時々、幸福感に時が止まる。

「自分を殺さないで生きていきたい。」
中学生の頃、交換日記に書いた。

そう言えば今の子は、交換日記なんてするのだろうか。
自分の気持ちを、自分の字で紙に書き落とすなんて素晴らしい自己対話。

自分とコミュニケーションを取る最高の手段。

最近は、涙を流すタイミングすら分からない。
決壊する前に、対処出来ないものか。

枯渇している。
乾いている。
何かが足りない。
焦燥感。

バランスを保ちながら日々を重ねる。

それは、ある意味で大人で、ある意味の惰性。
いろいろと抱えながら生きている。
抱えているもののバランスが崩れる前に。

捨てるものは捨てないと。
持ちきれないからね。

余計なものを持ちすぎない。
涙と一緒に流せたら、スッとするのに。
10407904_881251161897882_5387257052498174924_n

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格

シェアお願いします

フォローお願いします


コメント

  1. あきこ より:

    初めまして。

    お友だちのFacebookから
    いつもかおりこさんの言葉を
    読ませていただいていました。
    今回のかおりこさんの言葉に
    とても共感し
    わたしも改めて余計なものは
    流してしまおうと。
    できることなら涙と一緒に。

    またお邪魔させていただきます。

    • kaoriko より:

      あきこさん
      はじめまして。
      コメントいただき、本当にありがとうございます。
      そのように共感してくださる方がいるというだけで
      また、たわごとを綴りたいと思ってしまいました。

      これからも、ときどき来ていただけたら嬉しいです。

      カオリコ 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です