たわごと 一覧

枯渇・焦燥・虚無

時折、自分が空っぽになる時がある。

何も生み出せないとき。
何も感じないとき。
何も表現出来ないとき。

あぁ、なんてつまらない人間なんだろうと思う。

弱い自分が嫌いで、甘える自分もイヤで、
何でも自分で決めて、判断することを良しとしてきた。

気持ちに余裕がある時は、
甘える時があってもいい。弱くてもいい。人に委ねてもいい。と思えるのに。
時折、こういう自分が顔を出す。

自分の無力を目の当たりにし、突きつけられ、まだまだ足りないと。
そして、その力の大きさにおののきながらも、前に進もうとするのだ。

その繰り返しの中で、自己対峙しながら、奢る事なく身の丈を知る。

自己嫌悪に近い感情に溢れ、誰かを傷つけているような錯覚に陥り、他者を巻き込みそうになる。
本当は、自分の非力を知り苦しんでいるだけなのに。

思考が渦巻く。
ぐるぐると巡る感情を、書き綴ることで吐き出しバランスを取る。
それが、私のやり方。

ドロドロとした感情に目を背けるな。
それはどこから生まれてくるのだ。
自分のどの部分が疼くのか。
それは何故おこるのか。

自問の時間。自分との会話。
それはとても静かで激しい内省。

 

IMG_2346

 

 

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー
『魅話力®』検定 作成中


自分のペースを守ること

駆け抜けるような疾走感が好き。
時が止まるような凪(なぎ)も好き。
見えない力で動かされるような導かれる時も、抗うことなく。

流れに身を任せながら、感情に委ねながら、チャンスを掴みながらも、
自分の基地(ベース)に戻る時間が必要だ。

 

内なる自分と対話すること。身体のコンディションを知ること。

時間が空いているようでも
「自分とのアポイントメントがあるので。」
と予定を確保すること。

他者と過ごすだけが、充実するのではない。
思考を止めることは簡単だ。意見を求めてそれに従う事も。

 

美味しい!と感じる食事を摂り、熟睡し、声を出して笑う。

健康管理も立派な仕事の1つ。
時間管理・自己管理は、押し付けられるものではなく、
よりよい人生にしたいための不可欠要素。

健康バランスと精神バランスと。

ニュートラルにしておくと、いつでもアクセルもブレーキも踏める。
戻る場所を知っておくと、判断に迷わない。

 

IMG_2839

 

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー
『魅話力®』検定 作成中

 


平凡も極めたら非凡になる

コンプレックスの1つに、自分は「普通」である。ということがあった。

そこに居るだけで、注目される人がいたり、珍しい運命を持っていたり、手相がスゴかったり、そういう人になろうと思ってもなれないことに対してのコンプレックス。

他人と比較することをしていたし、比較することでしか生じないコンプレックス。

ただただ、普通の人なのに、人前に出る仕事がしたい。そういう人になりたいと思ってしまった。

 

ふと、周りを見た。テレビを見た。

キレイな人だけがテレビに出ているのではないと。
この人は何で必要とされているのだろうか。と。

分析をしてみる。
必要とされるには、理由があるはずだと。

そして、私なりに理解したことは「普通」でいることにも一定のニーズがある。ということ。

 

「普通」であることを強みにすることで「普通」でいることに自信が付く。
すると面白いもので、「普通の人」であったとしても、ちゃんとオーラをまとう人になる。

「私は普通だからその他大勢のキャストの1人でいい。」と思っていたら、そのまま願った通りになっただろう。

私の場合「普通だけど、普通の人の代表になったら、1人として注目される。」を選んだ。

 

そして思う。

人前に出ることをしたかったのではなく、必要とされる人になりたかったのだと。

・アナタが居てくれたら安心する。
・一緒に仕事をするとイメージ通りになる。
・アナタといる空間で何かを生み出したい。

 

周りの人に必要とされ、よりよいものが生み出せるのならば、私はその役割を全うしよう。
よい商品が・ステージが・作品が出来るのであれば、私はそのために存在しよう。

 

それぞれのシーンで、自分の立ち位置を把握し提供する。

これはとても楽しくて、自分らしい生き方なんじゃないかと思っている。

母・妻・仕事を持つ女性として生きている。
どの顔も私なのだ。

 

時に、スイッチがバチリと切り替わるように。

時に、ゆるゆるとにじむような感じだったり。

 

なんだっていいのだ。
自分の軸があれば。 時々、折れて、時々、強くて、時々、しなやかに。

 

そして、何より自分をプロデュースすることが面白かったりして。
自分が自分を好きでいると、結構 何にでもなれると知ってからは
周りの人が輝き、イキイキして行く姿を見るのが楽しくて仕方なくなった。

だから、そういうプロデュースもするし、ますますやりたいことが溢れてくる。
人は成長しつづける生き物だからこそ、日々是楽。

 

さて
今日のたわごとも、なかなか私らしい戯け事。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

2015年10月カオリコ_8512

 

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格
『魅話力®』検定 作成中

10407904_881251161897882_5387257052498174924_n

 

 


結婚する理由も離婚する理由も・・・

時折、思い出す。

「お前、知ってるか?結婚する理由も、離婚する理由も同じなんだぞ。」

餞(はなむけ)の言葉だったのだと思う。

退職の挨拶で、局内を回っていた時のことだった。
結婚で地元を離れることになった私は、本当にお世話になった放送局の人達が大好きだった。
一緒に仕事をしたことのない人達にも、可愛がってもらっていたことを思い出す。

そんなフリーのプロデューサーM氏の一言を反芻するようになったのは、
いつ頃からだったろう。

 

「アナタと私は、こんなに違う。だから最高に合うのね。」という結婚当初。

「アナタと私は、こんなに違う。だから一緒に居ることが出来ない。」という離婚時の言葉。

 

「なぁ、同じだろ?だからな、価値観の違いとか色々言うけど、一緒に暮らしてみないと分からないことだらけなんだよ。」

あくまでM氏の経験談だと思っていたのに。

 

あれから12年以上が過ぎた。

ベクトルが逆を向いているんじゃないかと思うような夫の言動を思う。

価値観が違うからこその結婚。
他人と共に生活すること。家族になること。
我が子でさえも、別の人格を持って生まれて来る。

そこに両親からの別々の価値観に触れながら育つのだ。

教養・知識・経験・・・

母として、人生の先輩として。
伝えてたいことが沢山あることに改めて気付くのだ。

 

10407904_881251161897882_5387257052498174924_n

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格


発信することの意義

サークルのHPでは、専門家ママによるコラム記事を掲載している。

・海外で暮らすママのリアルな感情・現地と日本の違いに戸惑う姿をありのまま書いてくれていたり。

・育児アドバイザーのママは、実体験や経験を踏まえた親子の関わり方について。

・不妊治療を経験したママは、その実情を経験したまま伝えたいと執筆してくれている。

・温泉ソムリエのママは、赤ちゃん連れでも行ける温泉や効能について優しく教えてくれる。

・今度お願いしたいママは、薬剤師目線からの薬との付き合い方について。

 

みんな自分のキャリアや経験を踏まえて、ママになって気付いたり発見したことを多くの人に知って欲しいと願って書いてくれている。

デリケートな内容もかなりある。表現や伝え方に悩んだり、考えたりして
とても言葉を慎重に選びながら。

 

コラム執筆者の記事を最終的に確認するのは、私の役割。

執筆者の個性を残しながら、校正を入れる。
伝えたいことを、伝えやすくするために。

 

そして、私はタワゴトと称して日々、思い・感じる事をつらつらと綴る。

発信することは、その記事や言動に責任を持つ事。
その覚悟を持ちながら、今日も。

その根底には、誰もが住みやすい社会になって欲しいから。
誰かを攻撃したいのではない。

その現実があるという事実を伝えるだけのもの。
表現の自由をはき違えることなく。

真摯に受け止めながら、自分というフィルターを通じて表現することも義務になるのではないか。
そんな気がしてならないから。

 

10407904_881251161897882_5387257052498174924_n

前田カオリコ

エッセイスト・話し方プロデューサー

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格

 


1 25 26 27 28 29