育児 一覧

驚くことではないのだ(発達障害編)

2ヶ月後に息子(小3)と二人でサンフランシスコへ行くことにした。
ちょっとしたタイミングが重なり、これは!と思い立ったのだけれど。

おやおや、息子のパスポート期限が切れている。
更新しなくちゃ。と謄本を取りに行き、申請書に記入をした。

航空券の手配をするためにはパスポートがなくちゃね。と、
学校から帰った息子に声を掛ける。

「これからパスポートの更新に行くよー。」
「は?なんで?今から?行かない。」
「オレは命令されるのが大嫌いなんだ。」
「そういうのは土・日の休みの日にしてくれないかな。」

はいはい。
ママは驚きませんけどねー。

「じゃあさ、代理で提出するから、証明写真だけ撮りに行こうよ。」
「だから、無理。行かない。」

「ふーん。分かった。じゃあ、週末に行こうね。」
「だからさー、何度も同じこと言われるのもイヤなんだよね。」

そんなやり取り。

サンフランシスコも行けたらいいなーと思ったけど。
最終的に行けなくても仕方ないか。という心持ちで。
息子のために行こうと思っていたけれど。
それを無理矢理連れて行くことでもないかなと考え直したり。

こちらの都合では動かないらしい。
本人が納得するまで。

こうやって書いていると、どこもおかしなところはない。
ただ息子は、私の段取りに合わせなかっただけだ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「機嫌を損ねないように。」
私の子ども時代を思い出す。

「あなたはねー、本当に気難しかったわよ。
だって、『これお願いできる?』って言っても
すぐに『イヤだ。』って逆らってばっかりで。

ホント、何を言えば怒るのか分からないから大変だったわよー。と母。

そう。
息子は私に似ている。
「これ、やってくれない?」という母の依頼の言葉に。
「これ、やっておいてねー。」とお願いすればいいのに。
どうして、選択肢をわざわざ持たせてイエスと言わせるのだろう。
そういう回りくどさにイラッとした。

本来のコミュニケーションでは、この相談するような声掛けが有効だと言われている。
それでも。
やっぱりそれは受け手次第。
話し方とは、相手次第なのだとつくづく感じる。

私がコミュニケーションを仕事にするようになったのは、必然な気がする。
人は変わるし、成長するから。

息子の姿を見ながら。
私は今日も自分と向き合う作業に入るのだった。

 

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

 


発達障害のこと

今朝、息子が学校に行きたくない。と、泣きながら布団に包(くる)まって言った。

その10分前は、学校の支度を整えていて。
後は時間になったら家を出るだけだったのに。

時々、ひとりでリビングで布団を敷いて寝る息子。
昨晩もそうだったので、学校へ行く前にお布団を畳んでから行ってね。と再三伝える。
そのことが最終的に引き金になったのか。
彼の中で「命令されること。」(やりたくないことを強制的に言われること)で、イヤな感情が芽生え、そのまま様々なことがフラッシュバックしたらしい。

登校の時間になっても動かない。
どうしたの?と聞いても微動だにしない。
あぁ、始まった。

その思考回路は、前回の旅で本人から聞いた。
(長崎旅行のスケジュールが大幅に変更になった件)

一度、イヤな気持ちになるとそれまでに経験した不当な嫌な数々を思い出すという。
あのとき、誰々がどういうことをした。いやなことを言われた。ボールを投げられた。しつこく押された。など。

ひとつのことがキッカケで全く別の記憶まで思い出すことになり、身体が動かなくなる。嫌な気持ちに縛られて気分が沈み、涙まで流す。

だから、急に学校に行くこと自体が出来なくなる。
その時の気持ちが「今」の状態になり、動けなくなる。

うんうん。分かるよ。分かる。分かりすぎるよ。
誰が何と言おうが、その場凌ぎで謝られても自分の気持ちが落ち着かなければダメなのだということ。

それでも息子は、やっぱり空気を読むのが苦手だ。
そもそも、空気など読まない。読もうとしない。読む必要も感じていない。

ママが仕事に行くと伝えても。
学校で授業があると伝えても。
楽しみにしている行事があっても。
誰が待っていると話しても。
先生から電話があっても。

とにかく、どんなアプローチがあったとしても解決するのは時間だけなのだ。
それが、根本的な改善かということとは別として。

ただただ家に居るというのは、つまらないもので。
ゲームもテレビもしない状態で、次第に飽きて来たらしい。
丁度、ノートが切れていたので通学路の途中にある文房具屋さんまで歩いて向かった。
(まだ授業をやっている時間帯)

今日は、「まなびの教室」がある日。
息子が夏休み明けから指折り数えて楽しみにしていた授業の再開。
(それがあっても、学校に行かないと決めたらテコでも動かない。)
その先生が、たまたま授業を終えて帰るところに出くわした。

その時に掛けてくれた声に、わたしが泣きそうになる。
「おー、そうかそうか。家から出て来たんだね。それで大丈夫だよ。
君のままでいいからね。大丈夫。」

そう言って、息子の腕をさすりながら顔を見て話してくれていたのに。
息子はばつが悪そうに頭を回して返事もろくにしない。

母というのは、どうしてこんなに弱くて強く居ようとするのだろう。
わたしはどうすることも出来ず。
その子のことを思いながら、ひとりでは抱えきれない育児と向き合う。
力を貸してくれる人がいるからこそ。
息子の成長を一緒に見守ってくれる人が居るのだという安堵感に。
わたしはたまらなく涙が込み上げてくる。

 

明日は、気分が変わって学校に行けるだろうか。
育児に正解がないとしても。
ないからこそ、試行錯誤しながら自分と向き合う。

発達障害。
それは分かりにくいけれど。
私もその性質を持っている。
そして、知っている。
この特徴のあることで、喜怒哀楽が豊かであることも。

私は自分の個性が好き。
そして、そのことで沢山の人に助けられて、支えられて生きているから。
マイナスな個性にせず、息子の特徴だということを理解しながら。

ただ、まだ息子はその感情のバランスの取り方が分からない。

私が文章を書くように。
言葉を使って表現するように。
日々の成長の中で、本人らしいバランスの取り方を見つけられるように。
ママはサポートすることしか出来ないのだから。

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

 


最期まで笑いながら。

小六の娘。お風呂での会話。
多分、一番リラックスする時間なのだろう。
ママとのお喋り。

「もうさ、ママに似て欲しくないって思っているところが似ちゃってイヤだよー。」
「あら、どうして?」
「だって、ママ適当じゃん。」
「あははは。それね、生きている上で大切だから良かったね。」

そう言うと「もぅ。」という表情で私を睨む。

「いいじゃない。
それにママはさ、死ぬときまでずっと好奇心の赴くままに生きていたいんだよね。」

「そうだね。きっと、ママはさ。おばあちゃんになっても旅に出て行ってて。その先で転んで死んじゃったりして(笑)。行って来るねー。って言いながらお別れして。そうしたら、お葬式で泣き笑いしながら、自由なママでしたって言って、みんなの前でママにお別れの挨拶するから。」

自分で言いながら、そうやってママをバカにしてるのに、泣きそうになる娘。
目を擦って、誤摩化しながら。

想像しちゃったのかしら。
そういうところが可愛くて、愛おしくなる。

精一杯に強がって、ママはちゃんとしていないとか、しっかりしていないからどうにかしてよっ。と日々言うけれど。

この繊細さは、やっぱり生まれたときからずっと見ている私の娘そのもので。
わたしもやりたいことが沢山あるけれど。
この子達の笑顔を一番近くで見ていたい。

今のこの時間を。
今のこの時期を。

子育てをしながら。
今日も「行って来ます。」の背中を見送る。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター


「ただいま」と「おかえり」の変化

一週間振りに会う子ども達。
一回り逞しくなったように感じてしまう。

事実。
子ども達は実家で成長してきたのだろう。

夜泣くこともなくなり。
ママが側に居なくても、肌に触れなくても。
小学生の二人の我が子達。
「ママ、子離れしてよー。」と小6の娘に言われる。

そうね。
していないワケじゃないのよ。
ただ、ちょっとね。
嬉しいの。
幸せなの。

こうして、成長してくれていることに。
友達と自分で約束して遊びに行くこと。
夏休みの毎日を、子ども達と過ごしながら。

「ママ、香港だって。」
「ママ、熱海に居るんだって。」

LINEで状況が伝わるのは、最初の2日目くらいまで。
それからは、連絡が途絶える。

それでいい。
いつまでもママが側にいる意識でいるのではなく。
目の前の大人や周りの人達と生活することを。

わたしは、今日も母親であり、一人の私自身であることに。
安心して帰る場所があることに。

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー


電話越しの声

子ども達の就寝前に帰れない時には、息子から電話が掛かって来る。
「ママ、今日は何時に帰ってくるの?」
「そうだね。ちょっと遅くなっちゃうから23時くらいかな。」
「分かった。今日はね、○○したんだよ。それでね・・・」と、

ほんの数分にも満たない会話。
それがとても大切なことだと理解している。

母親の不在が淋しさを生むこともあるだろう。
その淋しさを補うための確認作業。

電話に出て、ママは必ず帰ってくるという安心感と。
ママに話を聞いてもらえるという居場所の確認。

ママの顔が見えないから、不安になる。
どこで何をしているのか分からないから。
帰ってこないかも知れないという不安を除きたい。

娘には、現場の写真をLINEで送り、ママの仕事を伝える。
家庭では見られないママの一面。
そうやって仕事をしているということを。

いい母でいることとは何なのだろうか。
いい母親とは何を指すのだろうか。
誰が決めるもので、評価されるものなのだろうか。

私はわたしの生き方を摸索し、信念を持って生きている。
その都度、悩み考えながら前へ進むのだ。

暴走しがちなために、立ち止まり、自分の位置を確認しながら。

母親の視野を狭くしてしまっては、子ども達の視野だって狭くなる。
子ども達が飛躍しようとした時に、私の世界が小さければ応援だってままならない。

心配事が先に立ち、子ども達の可能性を潰したくないからこそ。
私は自分の人生に真剣に向き合い、我が子達の育成に心を砕く。

子供の成長と共に。
自分が成長していくことで、子ども達との信頼関係を築きながら。
私は今日も、わたしの生き方を摸索する。

人生の設計図を持ちながら。
軌道修正を入れながら。

人格形成に最も必要なたっぷりの愛情を、我が子達に注ぎながら。
笑い声が聞こえる家庭で在りたいと願い、実践することを。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー


1 2 3 4 5