育児 一覧

中学受験を終えて

6年生になってから。
中学受験をすることに決めて。

気に入った中学を見つけたのは5月で、最終的にそこを本命にしたのは9月だった。
伸び伸びとした教育方針と、個性的な環境に。
私は惚れ込み、娘にも勧めた。

塾に通いながら。
よくやっていたと思いながらも、その難関度の意識が薄いのは日常の様子で分かった。

あのね、この中学に入るのにね、塾に行って入れば受かるわけじゃないのよ。
何度言っただろう。

葛藤しながらも。

合格してもしなくても、中学受験に挑んだことは無駄にはなりませんよ。と言う言葉に。
私もそう思っていた。
だからこそ。なのか、向き合う姿をもっと見たかったと願ったのだと思う。

 

 

塾の最後の日。
作文を沢山書いたと言って帰宅した娘。

その作文が、1週間後に届いた。
内容があまりに泣けて泣けて。

あぁ、娘は娘なりにちゃんと向き合って頑張っていたんだと思うと。
また、私の及ばないところも沢山あって。
処分すると言ってまとめたプリントの厚さに改めて気づかされる。

 

合格できなかったけれど。

娘のこれからの人生にとって、いい経験だったと。
未来はこれからなのだから。

ママもケジメが必要で。
切り替えが必要で。

親になっても試練の連続です。

 

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人 ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

 


母になってからの能力

母親になってから。
子供に対する能力が著しく向上した。

これは、向上したというのか開発されたという方が正しいのか。
とにかく、母親になってから敏感になったことの一つに「聴力」ある。

遠くにいる我が子の声を聴き分ける能力が極めて向上した。

それは、夜泣きから始まり、別室に寝かせている我が子の泣き声を聞き分ける。
誰よりも早く泣いていることを察知し、飛んで行くという表現がぴったりだ。

 

今、この記事を書いているときも。
外から子供の声が聞こえたと思えば、誰の声か判断出来る。
やっぱり、息子の声だったとベランダから声の主を確認して。

泣いているのか、嬌声なのかの判断が難しかったので。
確認のために体が動く。

よしよし。
お友達と仲良く遊んでいるのね。

あらあら。
他の誰かが泣いているじゃない。

そういう判断をして。
大人の介入の有無を選んで。

母になり、いろいろなことが変化したけれど。
大変なことも沢山あったけれど。
今も形を変えて、育児の様々なことに直面しながら。

これは、社会に生きる上で何も起こらないことの方が異例なのだから。
選択し続ける人生を、豊かにするかしないかは自分次第。

そうして今日も言葉に残す。
私の成長記録として。

 

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人 ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

 


今世を生きる

40歳を過ぎてから。
人生の意味をより考えるようになった。

一度しかない人生なのだから。
自分の好奇心を封印するのを改めてやめることにした。

もともと君は自分の欲求に素直だった。
そう言われて。
自分のことをよく理解していないことに今更ながら驚きながら。

とにもかくも、私は周りの人たちに支えられながら生きている。

新年早々に、新しい法人を立ち上げた。
今度は、社団法人。

人の人生を巻き込む。
責任を持つこと。

子供の頃に聞いた言葉を思い出す。
社員の家族を養っている責任があるからな。という父の言葉に。

あぁ、社長というのはそういう責任があるのかということを意識した。

私の代表としてのイメージ像は・・。

関わるママ達。
そして、そのママ達の子供達の成長を近くで見られる叔母のように。
血がつながっていなくても。
「カオリコさん」と呼ばれて、いつでも抱っこ出来るような心の距離で。

一緒に成長していけるような組織作りをしていきたいと思っている。
私がお腹を痛めて産んだ子は二人だけれど。

どの子にも幸せになって欲しいと願うからこそ。
母親が笑顔でいられる環境作りをしたいと願う。

想いばかりで、いろいろな焦りを自分で感じながら。
そのいい意味でのプレッシャーを抱えて。
再三、同じことを繰り返し言葉にして。
自分に言い聞かせることをしている。

 

2018.1.11 の一粒万倍日。
「一般社団法人 ブルーミング・マム」 として登記した。
「株式会社リコラボ」 も、一粒万倍日の登記だった。

娘が何気なく呟いた。
大きくなってもママの会社に入らないからね。と。

あらあら。
そんなこと、1ミリも期待したことがなかったけれど。
環境がそう言わせたのだろう。

父の後を継いでいる弟(娘にとっては、祖父と伯父)の姿を見て。
子供が親の会社を継ぐイメージがどこかにあったのだろうと。

家庭環境の影響というのは、やはり学校以外の教育なのだ。
身近にいる大人が何をし、何を発言しているのか。

子供はよく見ているし、聞いているものだ。
自分自身がそうであったように。

 

そして、人生は何度でもやり直せるし、何度でもチャレンジできる。
まだまだスタートしたばかり。
これからの10年、20年を。

まだまだ走り抜ける体力を持ち合わせていなくては。
愉しめる人生も味わい尽くせぬのだから。

 

 

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人 ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター


息子9歳の誕生日を迎えて

「今日は18時まで遊ぶ約束してるんだ。
あーちゃんのウチに行くなんて、そんなの聞いてない。」

そう言って、頑なに拒んだ。
もう、どんなに説得しても遊びに行くと言って聞かない。

「じゃあ、みんなで行ってくるよ。」と伝えても。
「オレは留守番してるから。」と言い張る。

そうか、そうだね。仕方ないから、先に実家へ行ってて。
と、夫の実家へ行く予定を少しだけ変更した・・・つもりだった。

夕方16時くらいには到着したいと言う夫。
そんなの分かっているけど、息子の意志は変えられないよ。と。

だから、後から電車で行くから。と伝えたのに。
15時になり、公園に迎えに行ってくる。と言って出て行った夫。

あー。そんなことをしたら、後からだって絶対に行かないって言うのに。
どうして分からないかなー。

全身で疲れた。
理解されてないんだなー。

「そんな風に楽しい時間を無理矢理中断したら、傷つくでしょ。」
「傷つかないよ。傷つきません。それに、本人のワガママだろ。」

「どうして自分のことじゃないのに、傷つかないって断言出来るの?」

あなたとは違うでしょ。分からないのに。勝手に決めないで。
それは、息子の心の声であると同時に、私の気持ちだった。

 

あぁ、あなたはまたそうやって私たちの気持ちを理解しようとせず。
自分の我慢できる基準で行動するのね。と。

 

公園で遊んでいた息子に声を掛け、一緒にいた友達とは別れたと言う。

それからしばらくして。
憮然として帰宅する息子。

「ママ、どうしてパパにちゃんと言わなかったの?」
伝えたのよ。と言っても。
息子は納得できない。

最初の約束と違うじゃん。
18時まで遊んで、その後ママと二人で電車で行くって言ったのに。
まだ、3時間もあるのに。遊ぶ時間がなくなっちゃったじゃん。

もう、絶対に行かないから。と言い張って。布団から出ない。

あー。
ほらね。こうなるってどうして予測できないの?
絶対に行かないって言い出したら、絶対に無理だよ。
今までもそうだったじゃない。

その中でベストの選択を考えていたのに。
遅れてでも顔を出せたらいいのにって。

新年会と誕生日会をしようって言ってた気持ちも。
方々に申し訳なさを感じながら。
私の気持ちも崩れた。

夫の言い分も本当は分かってる。
それでも、息子の気持ちも、義母の想いも考えてのことだった。
娘だって、まただ。と思っているだろう。

結局、夫と娘だけが行くことになった。

「お義母さん、すみません。今日は行けなくなってしまいました。」

電話で事情を伝える私。
掛けられた言葉に涙が溢れる。
「そうねー。それはママも辛いわねー。」と言う何気無い一言に。

 

気を取り直して。
じゃあ、二人で夜ご飯を食べに行こうよ。とネットで検索しながら。
ハンバーグにする?お肉にする?
オレ、食べ放題がいいな。と言いながら、なかなか決められないでいると・・。

なんでだよ。結局、ママが行きたいお店に誘導してるだけじゃん。

「もういい。誕生日なんていらない。」
印象的な言葉を吐き、わーんと泣く息子。

息子の誕生日のお祝いなのに、息子が優先されてない気持ちにさせてしまった。

あー。
やってしまった。
そうだよね。
ごめんね。

そういうところが、私にそっくりで。
驚くほど似ていて。
その感情が私の中に渦巻くのだった。

今度は、私が同化して苦しくなって。
悲しみが移る。

あぁ、この面倒な感情移入を。
このコントロール出来ない状況を。
ただただ苦しさを覚えた時間に。

それでも。
包み込むことしか出来ない。

 

一般的にはこうだ。という一般常識で行動が出来ないこと。
それは、一言に発達障害だからという表現をすることで片付けていいのだろうか。

私は自分のことをとても普通だと思っているし、日常生活に支障をきたすようなことをしていない。
対人でもトラブルを起こすこともなく。
日々の生活を営んでいるつもりだ。

 

今日もひとしきり言葉に落として。
自分と向き合い、受け入れる手段として。

 

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

 

 


中学受験を控えて

母親となり。
我が子が中学受験をすることになった。

地方出身の私は、中学受験というものの重さを感じることなく育ち。
自分の小6だった頃を思い出す。

 

子育てとは、自分の過去と向き合う作業だと折々に感じる。
娘を出産したばかりの頃。
親子の関係をなぞるように思い出した。

今、親の立場になり。
どういう親で在りたいのか。
どういう母として存在するのかを考える。

繊細な我が子を。

 

その娘(小6)との会話を見て。
息子(小3)が解説する。

 

「だってさ。ママ。
ママがちょっと来て。って言ったら、怒ってなくても
怒られるみたいでしょ。
だから、怒られているみたいな気分になるんだよ。」

 

息子(小3)が冷静に私に言った。

そうか。そうだね。

親子の距離感。
成長するにつれて、愛情表現の仕方の変化をしていかなくちゃね。

 

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

 


1 2 3 4 6