育児 一覧

中学受験をやめた話(息子:小5)

中学受験を志したものの。

猛烈なストレスで日々イライラしていた1学期。

 

毎回、塾をやめたいと言い続け。
暴力的になり、反抗的になり、何のための受験なのかを考えて考えて。
言い合いになり。
「あなたが受験したいって言い出したんでしょう。言葉に責任を持ちなさい。」だとか、「先生がムカつくんだから無理に決まってるだろ。」とか。
様々なやりとりを重ねた結果。
小5の一学期で退塾した。
やめるまでのストレスはお互いにあったと思う。
親は期待する。
できないわけではないのに。塾の先生からももったいないと言われたり。

散々悩み、散々相談したけれど。
夏休みを終えて、二学期が始まり。
息子の穏やかさは戻り、会話も増えた。

人生は長い。
しかし、いまのうちにしておいた方がいいということは、大人の経験則で伝えたい。
そういう葛藤の末。

息子のユニークな発想や。
こう書いたら正解だと思うけれど。
と前置きして、自分の意見を書くことや、面白いと思うことを優先することに。
どの選択が良くて、どの選択が間違っているのかなんて分からないけれど。
この子には、それでよかったと思える選択をしたと思っている。


こちらは、今日(9月6日)リビングに落ちていたもの。
えっと、母の日は5月ですが・・・。と思いながら。
開いてみると。
ーーーーーー
「飯を作ってくれてありがとう
それ以外 家事はなにをやっているかな
ふろそうじ(風呂掃除)は父だし
まーありがと
(仕事はかさんしない)
ーーーー
という。
とても楽しいメッセージカードだった。
今、彼に必要なのは。
充分に甘えられること。
充分に自分のことを理解してくれる大人がいること。そこが満たされたら。
自分のやりたいことを見つけて。
そこに向かって進むだろうと信じて。

 

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


イベント好きで、人好きな話

この夏のイベントとしてグランピング会場にてBBQを開催するという企画を提案されたので。
即「面白そう!」ということで、開催が決定した。

プレスリリースも配信しながら、グランピング施設のオープンと、サロンの3周年記念に加えて、ママ解放区プロジェクトとして企画協力。

総勢80名以上の方が会場に。

オトナの中に子供達も自然体験と、雰囲気を味わってもらいたいという想いを重ねて。
私の娘(中2)もアシスタントとして参加したのだけれど。

子育てをしながら想うのは。
自分にも学校などのコミュニティがあるけれど。
親にも親の人間関係があって。
その幅は実に学校よりも広いということ。

だからこそ。
夏休みにはイングリッシュキャンプやネイチャーキャンプ、訓練学校など様々な経験に向かわせる。

私は喋りの仕事をしているので。
イベントMCをさせてもらいながら。
オープニングからアナウンスまでを担当。
はたまたバスのガイドまでと雰囲気づくり。

その母の様子をサポートするかのように。
面白がりながら、世話をしながら見ている娘が面白くて。

私はリアルなコミュニケーションこそ大切にしているので。
そこにいるイベントや空気感に敏感になる。

イベントとは。
コンセプトとイメージを伝え。
そのことが明快になり相手が納得することで。

期待以上のものを提供したい。と考えながら。
コミュニケーションの重要性を改めて感じる。

とかくトップに立つものは。
そこがおろそかになることもしばしば見受けられ。
自分の得意分野だけで走るのではなく。
チーム作りというものを考えていけたらいい。

独りよがりになるのではなく。
イメージを共有することが、コミュニティであり。
一期一会のイベントであったとしても。

一体感や共感というものが、価値あるものに転化するのだと。

そんなことを考えながら。
イベントの原点に立ち返る機会となった。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


娘の想い:平和ポスター展 最優秀賞

区立の中学校に通っている娘(中2)が、今年(令和元年)の新宿区平和ポスター展の作品に応募し、最優秀賞を受賞する機会に恵まれました。

 

新宿区の広報などでもご紹介いただけるとのことんですが、

(画像が見えづらくてすみません)

娘のポスター絵のキャッチコピーに驚きました。

「命の花よ、咲きほこれ」

という文字が赤ピンク色で描かれています。
そこに象が中央、ガーランド、イルカや魚が空を泳ぎ、花が咲いている草原。

虹が架かり、なんとも楽しげな雰囲気に仕上がっていました。

区の教育委員長、校長先生を始めとした、他の受賞者と保護者が参列する中。
受賞者とその保護者がスピーチする機会がありました。

娘の想いは

「世界中の生き物が笑顔で暮らせるような平和があればいいと思い、
植物図鑑や動物図鑑を参考にして描いた」

 

というのです。

この絵自体の評価をしていただけたことに、
母として一塩な想いがあります。

それは、わたし自身が社会貢献として、
また仕事の理念として掲げている言葉につながります。

「ママだからこそ、花開く人生を。」
「Bloomism (開花主義)」(カオリコ造語)
「Bloom your life* 」

 

とくに最後のBloom your life* は、
「全ての人に花開く人生を。」という意味です。

そのLIFE (生活・人生)を使っていたけれど。

娘の「命(LIFE)」という表現に。

気づかされるものがありました。

こうして家庭での会話の延長に、
きっとどこかに娘の中に残っていたのかと思うと。
(本人はどう言うか知りませんが)

やはり嬉しい限りだという想いに。
わたしでは成し遂げられないことを。
我が子の成長とともに経験させてもらえることに。

とても嬉しく、ありがたい気持ちで
母親をやらせてもらっています。

 


(大人に混ざってパステル画のレッスンを受けた時の様子)

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


ベスト体重のその先に。

年齢と共に衰えを感じる今日この頃。
三十路の時に、わーわーと体型が崩れるとか20代との違いを力説されたような気がするけれど。
40代は、その比ではない。
40歳を超えての1年1年が瞬く間に過ぎてゆき、我が子達の成長は目覚ましく、
あっという間に取り残されていくというか。
しんどい時期なんて本当に一瞬だったのだと思えるから恐ろしい。

そんなことを思いながら。
どうにもベスト体重から2キロの増が停滞している。

今朝の体重と夜の体重の差が1.5キロ。
背中までむくんでいると指摘されたのが、2日前。
水をよく飲むようにとアドバイスされて、そのようにして今朝の体重がベストだったのに。
そんな一喜一憂をしながら、今日も過ごす。

我が子達は、実家に帰省しており。
信州の自然と戯れているようだった。

夏休みこそ。
普段できないことに没頭してほしい。
そう願いながら。

私の体重の行方と、我が子の進路と。
仕事の方向性と、やりたいことと。

夏休みは待った無しで。
人生もまだまだこれからなのだ。

諦めることなく。
これからも歩んでゆこう。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


娘の将来を妄想して。

きっといつか。
娘に言われるような気がする。

うちの母は、家族で食事をすることをとても大切にしていました。
食事はいつも笑っていて。
自分はいつも楽しそうに過ごしていました。
よく笑って。
よくお酒を飲んで。
私はよく相手をしていました。

母方の実家の人たちは、みんな陽気で。
祖父も叔父達も。
いつもそんな感じでした。

なので、私は選択できたらと思い。
母からの自立がしたいと。
高校生活の選択を考えていました。

母は海外留学をしきりに勧めるけれど。
私はいまいちそんな気にはなれず。

進路で迷いますが。
私はブレずに自分の人生を歩もうと思っています。

 

そんな感じで。
変わらず親バカですが。
中学2年生ともなると。
随分としっかりしているのだと感じて。

そのように育ってくれたことが嬉しく。
これから先も応援していこうと思っています。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


1 2 3 4 13