育児 一覧

小学校の保護者面談

先日、小学校の保護者面談として学校を訪れた。

まずは、娘(小5)の担任教師と。

「Sさんは、いつも爽やかな笑顔で朝の挨拶をしてくれて、気持ちがいいです。」
「お母さんのお仕事(アナウンサー)にとても興味があるみたいで、いつもママに聞いてみる。といって、先日も社会の防災訓練では、放送の仕方について教えてくれました。」

ふむふむ。

まぁ、娘の基本的な部分は夫に似ていて、石橋を叩いて渡るタイプ。
もっと気楽に考えればいいのに。と思うこともしばしば。
とは言え、彼女の個性なのでそのまますくすくと育つことを願っている。

 

続いて、息子(小2)の担任教師と。

「Rくんは、とっても変わりましたねー。鉛筆をかじることが無くなりましたし、授業中に発言もするようになりました。」

「あー、そう言えば鉛筆に歯形がなくなりましたね。
自分からも率先して宿題や九九を覚えようとしているので、何かあったんでしょうか。」

と、落ち着いてきたことや学校生活について話を聞いてきた。

 

10月から「まなびの教室」に週1回(1コマ)の授業を受けはじめたことは、大きな影響があるのではないかと思っている。

勉強の仕方が分かって来たような雰囲気。
本人のやる気。
自分は出来るんだ。という自信。

これは、ただ見守っているだけなく、教師や保護者が連携して適切な指導や授業を受けられるようにしたからではないだろうか。

 

もしかしたら、何もせずにそのままでも息子は成長して、落ち着いて授業を受けていたかも知れない。
そればかりは想像でしかないけれど。
今、親が出来ること。周りの協力が得られるのであれば、やはり適切な時期に適切な対応をしておきたいと思う。

口うるさく指示するのではなく。
それぞれの個性を見ながら。

 

我が子達の可愛さに(親バカ)、ギュッと抱きしめる。

「ママ、サンタさんに手紙書いたんだ。」そう言ってみせてくれたイラスト付きのお願いごと。

「ねねも書いてたよ。」 小5の娘も書いていたという。
そういう姿がただただ愛おしい。

保護者面談をした後の、自宅での会話。
家でも学校でもお友達とも。

子ども達の成長を。
これからもこうして感じていられるように。

 

 

前田カオリコ

話し方プロデューサー

登録商標 魅話力
動画コンサルタント

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


自分の身体はひとつ

どう頑張ったって、私は1人だ。
どうやったって、彼らにとっての母親は私なのだ。

母親代わりになる人はいるかも知れない。
でも、私は彼らを産んだ母である。

だからこそ。

昨日の夜、小2の息子がぐずる。
素直な感情表現だったと思う。

だから、私は約束していた夜の会食をキャンセルした。
本当に申し訳ないけれど。

何が優先なのかを考えているつもりでも。
この子からのメッセージ。

「ママ、オレも一緒に行く。」

大人の会場なの。
どんなに子どもが入れないことを伝えても。

怒っていた。
オレを置いて行くなと。

言葉が話せるようになった今。
行かないで。と言えること。
言える息子で良かったと思ったこと。

そうだよね。
あなたは、やせ我慢しないね。

仕事と、付き合いとのバランス。
起業した。
自分のペースで仕事をすることと、先方のあることと。
家族がいることと。

仕事が全てに於いて優先であるとか、
家庭が全てだとか。そういう極論を言うつもりはない。

ただ、見極めていくことをしていく努力になるだろう。
いいこと、楽しいことだけを求める基準では、続く幸せを求めづらい。

 

 

いつも試行錯誤。
それでも、独りで生きているのではないという心強さ。
ママをママにしてくれてありがとう。

その繰り返し。

 

IMG_5845

 

 

 

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)
動画コンサルタント

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー


【たわごと】輝きの方向性

キラキラは主張するためのもの?

 

誰のために美しく在りたいのか。

もちろん、綺麗な人に憧れるし、そうなりたいと思う。

 

しかし、ワタシはその人には成り代われない。

ワタシはワタシなのだ。

 

自分に与えられたミッションを遂行する。

人生、サバイバル。 人生こそ、博打。

 

 

自分の美や愉しさを追求することで、子どもへ向ける時間が減っていることに気づいていないだろうか。

 

「ママがイキイキしていれば、子ども愉しいし、応援してくれているから。今のワタシが大好き。」

 

それは、それでいいでしょう。

度を過ぎなければ、とても理想的だと思う。

 

ただ、子どもはママの応援をしたいのは当たり前。

ママが大好きだから。

 

ママの邪魔をしたくない。

自分の存在が、ママを笑顔にしないのだったら、僕(私)なんて居ない方がいいんだ。

 

そんな風に、子どもは感じる。

誰に教わるわけでもなく。

 

子どもが母親を気遣っていることが分からないのが問題なのだ。

 

小さい頃は、あんなにいい子だったのに。

幼稚園の時は、いつもニコニコしていたのに。

 

それは、ママにとって都合のいい我が子像。

 

 

ねぇ、ママ。ワタシの話を聞いて。

ママのお出かけのお話もすごく愉しいし、知らない世界でいっぱいだよ。

 

でもね・・・

「今日、こういうことがあったの。」
「こんな発見があったんだよ。」

 

もっと、聞いて欲しいけど・・。

ママが自分の話をしているのを、聞いてあげなくちゃ。

 

いつしか、

子どもは、表現することを諦める。

伝えることをやめる。

 

気まぐれに

「今日はどうだった?」って聞いても、ママはちゃんと聞いてくれないから、

「別に。」

 

ふ〜ん。そうなんだ。

 

いつしか 「今日ね、」って、言っても聞いてくれなくなるのは、コミュニケーションの方法を間違えていたから。

 

 

双方向なのが、会話。 一方的なのは、自己満足。

 

そんな紙一重をパパは見ていない?見ていても、口を挟ませない?

 

 

ママも、ママとして成長していかなくちゃ。

ママも人として、成長しなくちゃね。

 

人を育てているという責任を自覚して。

 

 

今日も、家族が笑顔でありますように。

IMG_0111

 

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

 

 

 

 


週末の過ごし方が変わる時

毎週末、どうやって過ごそうか。どこへ行こうかと考えていた。

子どもが小さい時は、沢山の体験・経験を一緒にすることへの比重が高かった。

成長を見守りながら、五感をフル稼働させる体験を。と親の出来ることをしたかったのだと思う。

我が子達は、小5、小2になり、週末は友達と遊ぶことが増える。

ママと一緒にお出かけしようよ。
ママと一緒に図書館へ行こうよ。
ママと一緒にお昼寝しようよ。

あれだけの「ママ」との時間。

今は、学校のお友達と過ごしながら「家」に帰ってくる。

安らげる場所。

不安を抱えることなく。
心が休まる場所にしたいから。

家庭では、温もりと食事とパーソナルスペースを確保出来るように。

それは、淋しさではなく頼もしさ。
よかった。
不安でママから離れられないことがなくて。

こうしてママから離れて、安心して遊びに行けるようになって。

ママは「お帰り」の場所にいるよ。

「行ってらっしゃい。」って言って、お見送りをするよ。

夫も娘も息子も、玄関で見送る時はどこかに触れるようにしている。

お互いの存在を確かめるように。

お守りのように。

妻・ママのおまじないのようなもの。

みんな無事に帰ってきてね。

 

 

でもね、それだけじゃないのが私のスタイル。

 

私も出掛ける時は、同じように「行って来ます。」
仕事に全力を注げるように。
遊びにも集中出来るように。
その時を充実させるために。

玄関の扉の向こうは、まるでハウルの動く城の扉のように自在に変化する。

そして、家に帰るとそこには日常がある。

変わらない日常・家庭の空気・温度は、日々の積み重ね。
我が家の場合は、こんな感じ。 それだけのこと。

 

IMG_2692

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格(J-SHINE)
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー

 

 

 


次世代育成支援計画(新宿区)から想う

今年度、私は「新宿区子ども・子育て会議」の委員として出席している。
これは、区の委嘱を受けての役割。

もちろん、自分でエントリーした。
行政がどのような方針で、どんなことをしているのか知りたかったから。
そして、自分の声で現状を伝えたかった。

学識者・業者・幼稚園・保育園・民間などから選出された10数名。
そして、区の関わる人々20名前後。
その雰囲気は、私にとって馴染みのないものだったらこそ、すごく新鮮で緊張感と好奇心を刺激した。

 

一方で、私は新宿区が主催の「新宿子育てメッセ」の実行委員長を任された。
こちらも、自分でやると申し出た。
新宿区で活動している団体・個人のボランティアの50団体前後で構成している組織。

 

新宿区の乳幼児人口が約1200〜1300人という。
その半数の保育園を区が準備しているのだ。

 

では、その残りの半数は家庭で過ごしているという事実を知り、そこにもっと目を向けて欲しいと。

保育園に預けること、預けたくても様々な事情で入所出来なかった場合のサポート。

区は、「これだけ用意しているよ。充実しているでしょ。」
というスタンスではなく、現実の声にもっと耳を傾けてもらいたくて。
2児の母である自分と、第一子を出産した母親のサポートをしたいと立ち上げた団体。
「ブルーミング・マム」というママ支援の代表としての顔を持っている。
ママの現実から、一番近いところにいるのだと自負している。
母親達は、様々な側面を持っている。
特に新宿区は「多様性」という言葉がピッタリすぎる。

だからこそ、それぞれの現実を知りながらも、自分の力で出来ること・協力して出来ることを考えながら環境の改善・向上に力になりたい。

コミュニティの重要性。
つながりをどのように拡げるのか。
それが、課題なんだ。

育児は集団で行うもの。それが、本能に組み込まれているから。
先日のNHKスペシャル
「ママたちが非常事態!?~最新科学で迫るニッポンの子育て~」より。

 

知れば知る程、その重要性・必要性を感じる。
そして、自分に何が出来るかが見えてくるのだと信じて。

 

12742244_1043910425631954_2891028136526640187_n

 

前田カオリコ

話し方プロデューサー 魅話力 (R)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
新宿区子ども・子育て会議委員
2016年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
昭和女子大学 社会人メンター
小学校英語指導者資格
日本メンタルヘルス協会 公認心理カウンセラー
『魅話力®』検定 作成中

 

 

 

 

 

 


1 2 3