kaoriko 一覧

「お弁当美味しかったよ」の一言に。

塾通いをしている息子に週2回のお弁当を作っている。
冷凍食品をなるべく入れないようにしているのには理由があって。
「ママ、今日は手抜き?」と必ず聞くのだ。

冷凍食品には随分とお世話になっているけれど。
せめて1品は手作りのものを入れようと心掛けている。
夕食を早めに作って入れてみたり、○○丼のように、一品でいいようにしたり。

そんな息子とのコミュニケーションのひとつであるお弁当。

今朝の何気ない会話。
私:「昨日のお弁当箱、ちゃんと出してね。」
そう言う私に、はいはい。と身体を起こして食べた後のものを私に渡す際、

息子:「昨日もおいしかった。」
と、小さな声で言ってくれたことに。

それだけで、作ってよかったと思えるのは。
本当に母親というものは単純な生き物だけれど。

パタパタと帰宅して、お弁当を作って。
「いってらっしゃい。」と声を掛けて。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


信頼関係の構築について

親子での約束が果たせていないと。
大人は約束を破るものだという概念が出来てしまう。

人との約束を守れない時は。
「ごめんなさい」と謝る。

誠実さとはなんだろう。
愛するということはなんだろう。
大切にするということと、甘えは違って。

家族だからこそ、約束を守り。
大切な人だからこそ、守れない時には、ごめんなさい。と言う。

怒りは第二感情で。
最初にこみ上げるのは、第一感情。
それは、悲しみや不安だったり。
自分のことを大切に思ってくれていないと感じ。
そうして、自分がないがしろにされたような気持ちになると。
次の約束をするのが恐くなる。

それでも、子供は親のことが大好きなので。
次の約束を心待ちにして、指折り数えて時間や日々を過ごすだろう。

それなのに。
「仕事が押してしまって。」
「一生懸命働いているのだから、仕方ないだろう。」と言って。
まるで約束を守れなかったことが、正当化されるようならば。

期待もしなくなるし、約束もしなくなる。
そして、その子は同じことをするだろう。

仕事が理由なら、約束を破っていいと。
謝らなくていいということをするだろう。

「仕事と自分がどちらが大事?」という話ではない。
優先にしてくれ、という話でもない。

ただ、素直に「約束を守れなくてごめん。」と声で伝えて欲しい。
顔をみて謝って欲しい。
自分も楽しみにしていたけれど、どうしても難しくて。
ギリギリまで頑張ってみたんだけれど、ダメだった。
そう言われても。
そんな事情は子供には分からない。

期待していた気持ちは、どうなるの?
一緒に遊ぼうって言っていた約束は瞬殺なの?
それでおしまいなの?

悲しい気持ちをどうやって消化すればいいの?
泣き叫んだとしても。
そんなに泣くんじゃないと怒られたりしたら。
感情はどこへ行ってしまうのだろう。

ただ、ぎゅーっと抱きしめて。
君のことが大事だと。
せめて、リカバリーして欲しいと願うのではないだろうか。

子供に限ったことではなく。
やはり信頼関係というものは。
そうして育まれてゆくものではないだろうか。

今日もそんなことを思いながら。
幼児期に重ねた経験を。
大人になっても守れるように。

約束は果たすものだし。
果たせない約束は、しない方がいいけれど。
果たせないのであれば。
大人のプライドなどは無用で。
心から謝って欲しいと思うだけのだから。

あぁ、どうか。
子どもが大人を信頼できるように。
誠実でいられるように。
自分もそうで在りたいと。
ここに記しておくのだった。

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


転換期と惰性と未来

もしかしたら。
誰かに止めてもらいたかったのかも知れない。
そう振り返って。
お互いを想う気持ちと、責任と。
社会的なものだったり、プライドだったり、アイデンティティだったり。
さまざまなことがごちゃ混ぜになって。
だんだんと身動きが取れなくなっていたような気がする。

本当にやりたいことはなんだろう。
その時々に変わることを。
時代の変化ではなく。
自分のライフスタイルで変化することを。
受け入れること。

そういうタイミング。
ただ、それだけのこと。

カタチを変えて。
私も前に進む。
アナタ達の決意を。
私が固める覚悟をさせた。

皮肉なことなのだろうか。
そうではなく。
本質の部分だったからこそ。
私は安堵したのかも知れない。
落ちる涙に。
握られた手の温もりに。

振り返った時に後悔しないような選択であって欲しい。
未来を切り開くのは自分で。
決めるのも自分なのだから。

私はアナタ達の笑顔が見たいのだから。
決断の連続。
そして、私をその生き方を選んでいる。
変化は刺激。
そういうこともある。
いつも試練なのだろう。

私は自分らしく生きているかどうか。
そのことを突きつけられて。
少し棚卸しをするタイミングなのだ。
そう受け止めて。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


ストレスと髪の関係

ほぼ毎月美容院に行く。
専属スタイリストとしてお願いしている臼倉氏曰く。

「ストレスは髪に出るからね。
その人がどう生きてきたかは、髪を見ればわかる。」と言い切った。

あー、そうだった。
その時の私の髪の状態が最悪だったからこそ。
ぐっさりとその言葉が胸に刺さった。

この夏。
私の髪はストレスにさらされていたようなものだった。
意識をしていなかったけれど。
伸ばしかけた髪の一部が、潤いを失い。
ジリジリになって、バサバサになってしまったのだ。

もともと毛量が多く、太い髪質なのだけれど。
サラサラと素直な髪だった。
それが、産後でもないのに。
ザラザラとしてしまったことに。心を痛めた。

年齢のせいにしてしまっていいのだろうかとか。
悩みまくった。
けれど。
ストレスを感じていると自覚したこと。
そして、やっぱりハッピーに生きたい。と願ったことで。
私の髪は回復した。

そんな単純なことでいいの?と思われそうだけれど。
実のところ。
私の髪はサラサラに戻った。

正直、ヘアートリートメントやメンテナンスに頼ったけれど。
どれもあまり効果がなかった。

健やかに生きることが。
身体の表面に現われることを実感し。

やはり笑いのある人生を。時間を重ねてゆきたいと思うのだ。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。


今になって思い出すこととか(両親編)

ふと。
料理をしながら思い出した。
今晩の夜ご飯は「肉じゃが」。
私もあまり味見をしないで作って、そのまま食卓に出すことが多い。

ふと。
父親が母の料理を褒めていたことを思い出した。
3人兄弟の私。
小学生とか中学生とか。うろ覚えだけれど。
父と母の会話の噛み合わなさ加減には、ものすごく違和感があったし、
なぜ、そうなのだろうといつも思っていた。

父:「今日の○○はうまいなー。」
母:「そう?味見しないで作ったのよね。」
父:「・・・。」
母:「急いでるから、味見してないんだけど。」

そんなようなことを言う。
母は、なんて空気が読めないんだろうといつも思っていた。

せっかく褒めているのに。
よかった。ありがとう。嬉しい。
そういう言葉が出てきたら。

きっと、そのまま父は機嫌よく食事ができただろうに。
そして、私たち(子ども)も不穏な空気にさらされずに済んだのに。
そんな風に思っていた。

なぜ、ふとそう思ったのかというと。
結婚して妻になり。
出産して母になり。
毎日料理をしている中で。
夫に「美味しい。」と言ってもらえないことの淋しさを感じるからだった。

「ねー、今日のご飯美味しいでしょ。」
そう言ったところで。

「まー、普通かな。」
「えー、なんで。超美味しいじゃん。」
「そうかなー。」とか
「これ、何て料理?」なんて言われた日には。

黙って食べろ。
と言いたくなる衝動を抑えて。

きっと両親にも、私たち(子ども)にわからない思惑があったのだろうけれど。
ただ、そこ(手料理を褒めてくれること)だけ切り取って思うと。

父はきっと本当にそう思って言っていたように思うと。
母にはそれなりに気を遣っていた部分があるような気がする。
ただそれだけのことだけれど。

誰かに褒めてもらったら。
自分が作ったものを「おいしい」と言ってくれたら。
私は「ありがとう」と言えるようでいたいと思ったことを思い出す。

子どもたちは素直に
「今日の肉じゃがウマい。」と言ってくれるので。
「そうでしょー。だってママの愛情がたーっぷり入ってるからね。」と
すぐに調子に乗っててしまうけれど。

手作りの料理を、美味しいと言ってくれるだけで。
どんなに忙しくても。毎日作ることが大変でも。
ふっと気持ちが軽くなるのだから。

 

 

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

 


1 2 3 4 5 6 7 32