5月のある日〜子供達の声を聞きたくて〜

「ただいまー。」
その声を聞きながら、息子の調子を確認する。

「おかえりー。」そういう私の声を聞いて。

「ママー、今日は早く帰ってくるって言ったじゃん。」
私のちょっと気の無いような、驚いたようなトーンに反応して。

「明日は運動会だから、予定より早く下校なんだよ。」
そう説明して、ランドセルを投げて出かける息子の背中に。
「ねー、お水も飲まなくていいの?」
「だいじょうぶー。いいから。行って来まーす。」

うっすらと汗を浮かべながら。
今日は大勢と遊ぶんだよ。そういいながら。

ベランダから自転車に乗る息子を確認して。
気をつけてね。と見送る私。

2時間後には、娘が中学から帰って来て。
同じように「ただいまー。」と言って帰ってくるはずだから。

その声を聞きたくて。
私は時間と予定の見通しを立てる毎日。

ずっとべったりと片時も離れない関係ではないけれど。
そういう空間を感じられる今を大切にしておきたいだけで。

ささやかな幸せを感じながら。
それは、とても贅沢なことだと噛みしめる。

「ママね、今日はお出かけしなくちゃいけないの。」
「ふーん。いいんじゃない。行ってくればー。」
朝食をとりながら。
夕食の時間を過ごしながら。

家にいるときも。
外にいるときも。

ここに帰ってくれば大丈夫だから。
気をつけて。
いってらっしゃい。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です