自覚症状について

こういう感覚は、誰もが持ち合わせていると思っていたのだけれど。
大人になればなるほど。そうでもないということがわかってきた。

その人のエネルギーを感じる。
その人の持っている色が分かる。

どういう状態なのか。
話しながら受け止めて。
気持ちを軽くして。

大丈夫と伝えることに。

人相からの印象。
立ち居振る舞いからの生きてきた歴史。
言葉の使い方や息遣い。
間の取り方や、しぐさ。

どれもこれも。
その人を表している。

それは、観察することでより鮮明に浮かび上がる。
何を求めているのか。
どうしてここにいるのか。

セッションに来てくれる人たちは。
抱えた過去を持っている。
誰にも言えなかったことを。
私に話してくれる。

それを受け止めて。
涙する。

経済的に豊かであったとしても。
精神的な豊かさは比例しない。

それがわかるから。
私を必要とする人に。

緩められなかった感情を。
ここで解放して欲しいから。

今まで誰にも話したことがなかった。
そういう話を。
セッションの最初の日にしてくれる。

私に対するブロックを外してくれて。
私は全部受け止める。

無理やり話してもらうことは出来ないのだから。
私は、言葉にしてもらうまで事実は見えない。
だからこそ。
その人の言葉で。
言霊として。

腹の底にしまっていた感情を。
ヘドロのように奥底にへばりついていたそれらを。

言葉にして。
全部吐き切って。

どうか、身を軽くして。
体内に溜め続けた負の感情を。
どうか、出し切って。

一回では、何十年も蓄積してきた思いは全て吐き出せるはずもなく。
何度かのセッションでクリアになってゆく。

その変化を見届けるのが私の仕事。
それが仕事になるなんて。

まさか思わなかったけれど。
私にしか出来ない天命だとしたら。
それに甘んじてこれからも続けていくことだ。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください