自分が何者かなんて、どうでもいい話

ママは何をやってるのかわからない。と娘に言われるが。
ママは楽しく生きている人なのよ。と答えても。
イマイチ、腑に落ちない表情をして。
それでも、そういう人だという認識はしているようだった。

私は、その人にとって必要なものを提供できればいいと考えている。
人にはそれぞれ価値基準があって。
私の基準は「感性」が一番に上がった。
「お金」が一番の人もいるし、「自己肯定」が真っ先にくる人もいるだろう。

価値観などひとぞれぞれで。
押し付けたり、押し付けられたりするものではない。

コミュニケーション・コンサルタント。
そう名乗ることが。しっくり来ることもあれば。
フリーアナウンサーとしての自分がいて。
コミュニティ作りをしながら。
母親支援活動をしている。

結局、どれもこれも。
行き着く先には、どうしたいのかというと。

それぞれが、自分らしく生きることができるようになればいいのに。
そういう社会になって欲しいという願いからだった。

生きづらさや、健やかに育まれるはずの子どもや親が。
「わたし」を通して、何か気づいたり、変化するのであったら。
遠隔でも、直接でも。

笑顔でいる人たちを眺めるのが好きで。
そこにいるエネルギーに満ち溢れることで。
幸せの波及や波紋が広がることに。

ネガティブもポジティブも。
両方持ち合わせていることを受け止めて。

ただ、必要な人に必要なメッセージが届くのであれば。
何者でも構わない。

正体なんて。
わたしは私でいるだけで。
本当は何者だなんて、どうでもいい話。
どれもこれも、自分だということを。
カテゴリ分けをした時に、その位置で役割を全うするだけなのだから。

そんなタワゴトを、今日も。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年5月21日生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください