正直と素直な話。

素直なこころ。

それは、相手にとって都合のいい話。
自分の言うことを素直に聞いてくれる。

それは、相手にとって気持ちのいいことだろう。
そのまますんなりと「はい。」と返事をされること。

正直な私は、
言われたことに納得できないと、
素直に「わからない。」と反応していた。

それが、素直な定義だったから。
これ程までに素直で分かりやすい人はいないと思っていた。

それなのに、多くの人が手を焼いていた。
それは、自分の思い通りにならないから。

彼らが私を扱いづらいと感じるのは、私が私の意思表示をするからだと思う。
そして、その意思表示の何がイケナイのかと思うのだった。

自分の意思を伝えて、イヤなものはイヤだと言うことを。
好きなものを好きと言うことを。

息子を見ていて思う。
使役されることがイヤなのだ。

私は子供のまま育ったのか。
社会に不適合のまま成長したのか。

不適合だとしても、不自由ではない。
私は私の生き方を摸索しながら、自分らしい生き方を見出していた。

それでいい。
迎合して、自分を失ってしまうくらいなら。

我が子を見て思う。
それでいいと。
自分らしく生きる時間を。

40年間を振り返る。
まもなく、私の節目を迎えるのだった。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント

登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
元新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です