最期まで笑いながら。

小六の娘。お風呂での会話。
多分、一番リラックスする時間なのだろう。
ママとのお喋り。

「もうさ、ママに似て欲しくないって思っているところが似ちゃってイヤだよー。」
「あら、どうして?」
「だって、ママ適当じゃん。」
「あははは。それね、生きている上で大切だから良かったね。」

そう言うと「もぅ。」という表情で私を睨む。

「いいじゃない。
それにママはさ、死ぬときまでずっと好奇心の赴くままに生きていたいんだよね。」

「そうだね。きっと、ママはさ。おばあちゃんになっても旅に出て行ってて。その先で転んで死んじゃったりして(笑)。行って来るねー。って言いながらお別れして。そうしたら、お葬式で泣き笑いしながら、自由なママでしたって言って、みんなの前でママにお別れの挨拶するから。」

自分で言いながら、そうやってママをバカにしてるのに、泣きそうになる娘。
目を擦って、誤摩化しながら。

想像しちゃったのかしら。
そういうところが可愛くて、愛おしくなる。

精一杯に強がって、ママはちゃんとしていないとか、しっかりしていないからどうにかしてよっ。と日々言うけれど。

この繊細さは、やっぱり生まれたときからずっと見ている私の娘そのもので。
わたしもやりたいことが沢山あるけれど。
この子達の笑顔を一番近くで見ていたい。

今のこの時間を。
今のこの時期を。

子育てをしながら。
今日も「行って来ます。」の背中を見送る。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

株式会社リコラボ 代表取締役
新宿区発のママ*サークル「ブルーミング・マム」代表
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長
日本メンタルヘルス協会 研究修了カウンセラー
昭和女子大学 元社会人メンター

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください