娘の想い:平和ポスター展 最優秀賞

区立の中学校に通っている娘(中2)が、今年(令和元年)の新宿区平和ポスター展の作品に応募し、最優秀賞を受賞する機会に恵まれました。

新宿区の広報などでもご紹介いただけるとのことんですが、

(画像が見えづらくてすみません)

娘のポスター絵のキャッチコピーに驚きました。

「命の花よ、咲きほこれ」

という文字が赤ピンク色で描かれています。
そこに象が中央、ガーランド、イルカや魚が空を泳ぎ、花が咲いている草原。

虹が架かり、なんとも楽しげな雰囲気に仕上がっていました。

区の教育委員長、校長先生を始めとした、他の受賞者と保護者が参列する中。
受賞者とその保護者がスピーチする機会がありました。

娘の想いは

「世界中の生き物が笑顔で暮らせるような平和があればいいと思い、
植物図鑑や動物図鑑を参考にして描いた」

というのです。

この絵自体の評価をしていただけたことに、
母として一塩な想いがあります。

それは、わたし自身が社会貢献として、
また仕事の理念として掲げている言葉につながります。

「ママだからこそ、花開く人生を。」
「Bloomism (開花主義)」(カオリコ造語)
「Bloom your life* 」

とくに最後のBloom your life* は、
「全ての人に花開く人生を。」という意味です。

そのLIFE (生活・人生)を使っていたけれど。

娘の「命(LIFE)」という表現に。

気づかされるものがありました。

こうして家庭での会話の延長に、
きっとどこかに娘の中に残っていたのかと思うと。
(本人はどう言うか知りませんが)

やはり嬉しい限りだという想いに。
わたしでは成し遂げられないことを。
我が子の成長とともに経験させてもらえることに。

とても嬉しく、ありがたい気持ちで
母親をやらせてもらっています。


(大人に混ざってパステル画のレッスンを受けた時の様子)

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください