創刊への想い

この度、新宿区発のフリーペーパー「Blooming Mom」を創刊する運びとなりましたことを、改めてご報告させていただきます。

これまで新宿を拠点に母親支援活動を9年間継続してきた中で、ずっと想いは変わらずにいます。母親になった時の生活リズム・環境・親としての立場など、あらゆるものの視点の位置が変わりました。

多様性のある生き方があっていい。私らしさを模索しながら、在りたい自分とのギャップに苦しんだ時期を経験して以来、国籍も年齢も出生地も違う人たちの中で。
他の家庭と比べることの無意味さを痛感し、自分らしいライフスタイルを、母親になったからこそ、覚悟と責任を持って我が子と向き合えたらいいのに。ということを考えてきました。

新宿が好きで移り住んで11年になります。
ブルーミング・マムの活動や考え方が、アナログの誌面という形でママたちに届けられたらいいのに。そう思ったのが創刊のきっかけです。
毎月開催している「ママ解放区」ツキイチ*交流会では、実際に会って話すことが一番の目的。
同じ空間で、自分を主語にして話す。ただ、それだけのこと。しかし、そのことが、今のネット社会では難しくなってきているのではないでしょうか。
SNSの発信に振り回されたり、落ち込んだり。「大丈夫。」と体温が伝わる距離で話せることが大事です。

今回のフリーペーパーは、原点回帰のように。
手にとって、誌面を1ページずつめくりながら、そこから発する想いを感じ取ってもらえたら。
8ページという薄いものですが、だからこそ、隅々まで読んで欲しい。
そんな願いを込めて、企画・編集をさせていたきました。

いつも、やりたい!という思いばかりが先行して、今回も素人がまたこんなことに手を出して・・と形になるまでは、本当に大変でした。自分でやると言い出したのですから、後にも引けません。
こうして完成したことで、多くの方々に手伝っていただき、完成したこのフリーペーパーを、一人でも多くの方に読んでいただけたら、そんな嬉しいことはありません。

そして、実感するのは。
「やってみたい。」というその想いで、人は動き、形にするのだということ。
今、何かにチャレンジしたいと思って躊躇している方がいるのであれば。
そのタイミングを見計らいながらも、まずはやってみる。というアクションになるきっかけになることを願いながら、ご報告とさせていただきたいと思います。

次号の発行は、来年の今頃になるか、もしくはもう少し早めになるかも知れません。
遅くとも、11回目の新宿子育てメッセの開催に合わせて発行させていただく予定です。

また、各支部の地域でも八王子版・長野版などを検討していますので、もし誌面作り等に興味がある方がいましたら、ご連絡をお待ちしています。

最後になりますが、お願いがあります。
実は、私たちの活動はボランティアで成り立っています。
運営に関して、広告や寄付などでお力添えいただける企業様・個人の皆様がいらっしゃいましたら、ご連絡くださいますようお願いいたします。

発信すること・継続することの大変さを痛感しながらも、母親の笑顔が子どもの笑顔を守り、社会の笑顔につながることを信じて。
これからも、活動を行なっていたいと考えております。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

一般社団法人 ブルーミング・マム
代表理事 前田カオリコ

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください