くすぶりの先に。

心がささくれ立つことも。
気持ちが荒れることも。
乱気流が突然発生するかと思えば。
凪の状態がしばらく続くこともある。

とかく人の心など。
縛れるものではないし、一つでもない。

生まれ持った気質があるだろうけれど。
そのまま一生を終えてしまうことなどは稀で。

型から入り。
基礎を作り。
自分を試し。
バラバラになって。

もう一度、原点に戻った。
何者かになりたくて。
何者にもなれず。

つまるところ、
私はわたしでしかないという確認作業だということだった。

知識や経験不足ゆえの迷いは。
惑わされて振り回された結果に信念となる。

失敗のない人生ほど無味乾燥でつまらなく。
努力のない人生もまた同じ意味を持つ。

もがきながら、苦しみながらも進むことで。
時に休憩をしたり遠回りもするけれど。
やはり時の流れは止まることなく。
ただただ未来が現在に向かい、過去になっていく。

人は成長を重ねながら。
いつしか諦めることを身につけたり。
社会性を携えて大人になっていく。

まだまだ知らないことばかりだというのに。
何者かになったつもりでいるのは愚かなことで。
これからも未知の世界に飛び込みながら。
新しい神経を作っていきたいと思うのだった。

我が子の成長を願い。
己を戒めながら。

年が明けて2週間が過ぎる。
軸は家族にあるのだから。

物事はなるようにしかならないけれど。
目的地を設定することで。
はるかに近道になるのだということを。

チャンレンジせよ。
そう自分に言い聞かせる。

前田カオリコ
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です