「どうして?」の問いの先に。

我が子たちとの会話。
本音を聴けることの安心感に。

「あの先生、嫌いなんだよね。」と息子(小5)が突然言い出した。
「あら、どうして?」と尋ねる。
「だってさ、上から目線で、違うことだって正しいと思って言うんだよ。」
そんなような理由を、ワタシに教えてくれた。

「へー、そうなの。」とだけ返事をすると。
ひとしきり、自分の感情を言葉にして。ママに話したことで。
きっと、その感情の増幅はないだろうなという目論見だった。

そういう感情はね。
生きていくうちに、何度も抱くことになるかもしれないから。
その耐性を身につけることや、正義だけが全てでないことを知っておいて欲しくて。

何かが気に入らないからと言って。
同じことを相手や別の人にするのではなんの解決にもならない。

そして。
どういうシュチュエーションで織り成されているのかわからないから。
ワタシは無責任に、その人の言動を責めるような言葉を使わない。

大切にしていることは。
そういう感情を抱いたということの、息子の素直な気持ちを聴くことだった。
誰にも言えない感情は。
事実以上に増幅していくことが往往にしてある。

小出しに。
負の感情を聴くことで。
彼は落ち着きを取り戻し。
聴いてくれたことへの安心感と、そういう自分の感情を言葉にしてアウトプットする。

そんな風に思っちゃダメよ。
もし、そう言ったら。
叱られると思って。
話すことすらしてくれなくなってしまう前に。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年5月21日生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください