「お弁当美味しかったよ」の一言に。

塾通いをしている息子に週2回のお弁当を作っている。
冷凍食品をなるべく入れないようにしているのには理由があって。
「ママ、今日は手抜き?」と必ず聞くのだ。

冷凍食品には随分とお世話になっているけれど。
せめて1品は手作りのものを入れようと心掛けている。
夕食を早めに作って入れてみたり、○○丼のように、一品でいいようにしたり。

そんな息子とのコミュニケーションのひとつであるお弁当。

今朝の何気ない会話。
私:「昨日のお弁当箱、ちゃんと出してね。」
そう言う私に、はいはい。と身体を起こして食べた後のものを私に渡す際、

息子:「昨日もおいしかった。」
と、小さな声で言ってくれたことに。

それだけで、作ってよかったと思えるのは。
本当に母親というものは単純な生き物だけれど。

パタパタと帰宅して、お弁当を作って。
「いってらっしゃい。」と声を掛けて。

前田カオリコ
フリーアナウンサー
コミュニケーション・コンサルタント
登録商標 魅話力(みわりょく)

1976年生まれ 新宿区在住
2児の母

一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

高校時代にロータリークラブの青少年交換留学生として1年間アメリカ・ミネソタ州に留学。
ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・アジア各国の学生との交流により価値観の多様性に触れる。
子連れホームスティ・三世代ホームスティなどを経験。
「自分が大好きになる子育て」をテーマに子育てに関する講師としても活動。

シェアお願いします

フォローお願いします


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください